【美醜の大地2巻6話-出来損ない】ネタバレ結末!鬼畜教師への復讐!無料漫画

美醜の大地3巻

こんにちは!

今回は、藤森治見先生の『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~第6話-出来損ない』のネタバレです!

醜女・市村ハナは女学校時代に陰惨ないじめに遭い、泥棒の濡れ衣まで着せられて大切な家族まで失なったハナは、いじめグループを一人残らず地獄の底へ落とすと誓い復讐の鬼に・・・

ハナの次のターゲットは・・・?

『美醜の大地第2巻』は未発売ですが、現時点では各話ごとの分冊版が8話まで配信されています!2巻の発売日まで待てない人は要チェック!

 

【美醜の大地第5~8話分冊版】まんが王国で配信中!
リンク先で【美醜の大地】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【美醜の大地】を無料試し読み!

*今すぐ使える超お得な50%OFFクーポンゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【美醜の大地】を無料試し読み!PCもOK!

 

【美醜の大地】登場人物の詳細
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女】wiki風ネタバレ結末!無料漫画試し読み

2016.11.19

 

【美醜の大地2巻6話:出来損ない】あらすじとネタバレ

 

生徒の優劣は俺が決める!鬼畜教師の歪んだ理想・・・

 

「こいつだけはこいつだけは絶対に許さない」

 

「おまえも地獄へ道連れにしてやる!!」

 

札幌市にて――

 

「綿貫!久しぶりだなあ!元気にしてたか?」

 

「ご無沙汰してます五十嵐先輩!」

 

『月刊道民』の記者・綿貫は高校時代の先輩の新聞記者・五十嵐を訪ねて来た・・・

 

その目的は、五十嵐の会社の資料室にある「殉難事件の生存者名簿」を見せてもらうためだった。

 

社外の人間は通常そのような資料を見ることは出来ないが、綿貫はその代償として代理取材をさせられることになった・・・

 

一方、ハナの良きパートナーである菊乃は、ハナのアパートを訪ねて来たがあいにくの不在だった。

 

しかし、アパートのドアは施錠されてなく、菊乃は部屋に入っていった。

 

部屋の中には布団だけが置いてあり、それはとても寂し部屋で、「きっといつでも姿を消せるようにいきているのね」と菊乃はつぶやいた・・・

 

その夜、綿貫は自分の会社に戻って生存者名簿を眺めていた・・・

 

名簿の中には常岡久次(つねおかひさじ)…樺太府豊原市高等女学校教諭、現住所は夕張市…とあり、綿貫は、「たぶんこの学校の教師だったんだろう、何か情報を聞き出せるだろうか?」と思い、翌朝、夕張市へと向かった・・・

 

【美醜の大地2巻6話:出来損ない】のネタバレ結末は?

 

綿貫の殉難事件取材

 

常岡久治の家に到着した綿貫は名刺を渡し、自分が『月刊道民』の記者であり、今回は殉難事件の特集のためにの取材の協力のお願いをした。

 

来年でちょうど殉難事件の7回忌になり、災難に遭った引揚者の体験談をシリーズで連載する企画があることを常岡に伝えた。

 

「ふむ なるほど」

 

「ではわしの話しが本に載るのかね?」

 

「ええ許可をいただけるなら」

 

常岡はそれを聞くと、嬉しそうな顔をして「生徒たちにもぜひ声をかけておくよ」と上機嫌になって、自分の家系や経歴について延々と語り始めた・・・

 

「教師というのは崇高な職業だよ青年・・・・・」

 

「ものを育てるという行為には忍耐が要る、それは農作物でも家畜でも同じことだ」

 

「そしてそこには必ずといっていいほど不良品が発生するものだが・・・・」

 

「そういった出来損ないをなるべく排除して・・・・」

 

綿貫は、常岡の自慢と偏見に満ち溢れ、止むことのない熱弁を聞いて唖然としていた・・・

 

市村ハナの消息は?

 

綿貫は、延々と続く常岡の話の途中で「そ それでですねちょっとお聞きしたいことが…」と割って入った。

 

そして、一枚の写真を取り出して、「ところで、この女子生徒をご存知ですか?」と聞いた。

 

常岡はそれを見て、樺太での最後のクラスの教え子・市村ハナであることを思い出して一言・・・

 

「まあ…残念ながら”出来損ない”の生徒だったよ、その見た目どおりにな」

 

「内気で陰気なせいかくでな貧しい家庭で育ったから根性まで卑しい娘だったよ」

 

そして、市村ハナの成績は抜群によかったが、校内で窃盗事件を起こして退学処分になったことも話し・・・

 

「人の心の美しさというのは、その外見にもあらわれてくるものだ」

 

「生まれつき醜い性根を持ったどうしようもない人間もいるものなのだよ」

 

・・・と常岡は目をつぶって回想しながら話した。

 

常岡はハナが退学になってからのことはまったく知らなかった。

 

その夜、綿貫は常岡の話を思い出し、成績が良くて内気で貧しい少女のハナが非行ばかりを繰り返すような人物だとは到底思えなかった・・・

 

「きっと いじめられていたんだろう」

 

「周囲から蔑(さげすま)まされて、揚げ句無実の罪を着せられても助けてくれる見方は誰一人いない」

 

そう考えながら、綿貫は自分が過去に受けていた”いじめ”とオバーラップしていた・・・

 

殉難事件の記事を読んだハナは?

 

一方、ハナは書店で『月刊道民』の新刊を見つけ、綿貫が書いた殉難事件の記事を読んだ・・・

 

常岡は夕張の学校の教師をしており、そこにもハナの女学生時代と同じような女生徒がいた。

 

その女生徒の名前は笹本といい、見た目も醜く、母子家庭の貧しい暮らしで、周囲からもいじめられていた。

 

彼女はクラス全員の貴重品を盗んだ犯人とされて学校を退学処分になった・・・

 

そんな笹本だったが、担任の田中先生だけは彼女のことを信じてかばっていた。

 

そこへ、常岡がやって来て、「もうやめなさい田中先生、そんな手癖の悪い盗人はもううちの生徒ではない」と言い放つ・・・

 

そして、笹本をかばう田中先生を尻目に、樺太時代にも笹本のように根性の腐ったメス猿がいたことを引き合いに出して、「己の心の醜さは外見にも表れるものなのだ、早く出ていけ」と笹本の身体を突き飛ばした。

 

「ここはもう お前のいていい場所ではない」

 

その一部始終をハナは見ていた・・・

 

「――おまえが盗んだんだろう!! 退学だ!! 出ていけ!!」という言葉がハナの頭の中でフラッシュバックした。

 

おまえも地獄へ道連れに!!

 

退学になった笹本は夜の繁華街で下働きをしていた・・・

 

「私が働けば女手ひとつで頑張ってくれてるお母さんにも楽をさせてあげられる」と退学になった自分をちょうどいいやと納得させていた。

 

そこへ、酔っ払った常岡が通りかかり、「おまえこんな所で何しとる」

 

「こんな時間にこんないかがわしい界隈で働いとるのか?」

 

といって、笹本の尻をガッとわしづかみにして・・・

 

「まさかおまえ客でも取ってるのか?」

 

「不細工のくせにいい尻だなぁ」

 

「お前みたいな不細工を稼がせてくれる男なんざいやしないぞ」

 

と捨て台詞を吐いて去って行った・・・

 

笹本は、雪の上にうなだれ、「なんでここまで馬鹿にされなきゃいけないの?」

 

笹本は過去に受けた様々ないじめを思い出して怒りに震えた・・・

 

あんなやつ教師じゃない

 

笹本は短刀を片手に持って常岡の背中を追って走った・・・

 

「もういい もう全部いい 今 死んでやる!!」

 

「だけどこいつだけは絶対に許さない」

 

おまえも地獄へ道づれにしてやる!!

 

笹本が常岡の背中を小刀で刺そうとした瞬間・・・

 

背後から、「待って 笹本さん」という声が聞こえた。

 

笹本は田中先生の声だと思い、手から力が抜け小刀を落とし、常岡を殺すのを諦めた・・・

 

夜も更けて笹本が家に帰ると、そこに田中先生が待っていた。

 

窃盗事件の真犯人が突き止められ、笹本の無実が証明され退学処分は取り消しとなったと田中先生が教えてくれた・・・

 

常岡は笹本が自分の背中を刺そうとしたことも知らず、駅でウイスキー瓶を片手にくだを巻いていた・・・

 

それを見た、駅員はこんなところで凍死でもされてはかなわないと、飲み水を取りに行った。

 

「ほらお客さん これ飲んで目を覚まし…」と言いながら駅員が待合室に戻て来た時。

 

ジュゥゥゥゥゥ・・・

 

常原は、石油ストーブの上に顔をうずめ焼死していた・・・

 

「うわあああ!! 誰か誰かきてくれえ!!

 

その叫びを背後に聞きながら、市村ハナは駅から去って行く・・・

 

場面は変わって、高島津絢子の住む豪邸では真夜中にある客が訪れてきた。

 

窓越しから人影に気づいた綾子は屋敷から出迎えるとその女は・・・

 

「久しぶりね」

 

「絢子さん」

 

その女は顔面に大怪我をしてつぎはぎの状態になった、敏恵だった・・・

 

リンク先で【美醜の大地】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【美醜の大地】を無料試し読み!

*今すぐ使える超お得な50%OFFクーポンのゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【美醜の大地】を無料試し読み!PCもOK!

 

【美醜の大地2巻6話:出来損ない】の感想!

 

一度は復讐をあきらめかけたハナでしたが、今回はその葛藤を振り払い復讐心を再燃させて鬼畜教師・常岡を地獄へと叩き落としました。

 

今回の復讐のターゲットは、いじめグループではなく教師だったのが少し意外でした・・・

 

しかし、その矛先はだんだんと高島津絢子の方へと向けられていくのが分かりますよね。

 

ただ、変態かつ頭脳明晰な絢子はそう簡単にはいかないと思いますし、復讐ターゲット第一号の敏恵が絢子にコンタクトを取ってきたのは、何らかの企みがあってのことでしょう?

 

また、綿貫が独自に行っている調査も徐々に核心に迫ってきている感じなので見逃せませんね!

 

次のお話しでは、その辺がもっとクリアーになっていくのでしょうね?

 

美醜の大地第7話の展開が待ち遠しくてしょうがないですね・・・

 

リンク先で【美醜の大地】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【美醜の大地】を無料試し読み!

*今すぐ使える超お得な50%OFFクーポンのゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【美醜の大地】を無料試し読み!PCもOK!

 

美醜の大地のネタバレ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【美醜の大地2巻7話-ごめんね】のネタバレ!絢子にハナの正体バレる

2017.07.07

【美醜の大地2巻5話-氷の追跡】ネタバレ結末!絢子を呼び出す綿貫!発売日は?

2016.12.20

【美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女】wiki風ネタバレ結末!無料漫画試し読み

2016.11.19

藤森治見作品【緋い初夜】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

【緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐】ネタバレ結末!無料試し読み(藤森治見)

2016.12.29