【ダンボールで育った少女】ネタバレ結末と感想!きょうだい児のあらすじも

ダンボールで育った少女

こんにちは 😀 

今回ご紹介するのは、真田魔里子先生の『ダンボールで育った少女』です!

この漫画は、他に『きょうだい児』『こんなはずじゃなかった』『二人目の子供』を含む、全四話で構成されています。

どの物語も、人として生まれてくることへの尊厳を考えさせられる作品で、まさに涙、涙、涙でした・・・

以下ネタバレが含まれますので、先ずは無料立ち読みをおすすめ!
リンク先で【ダンボール】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ダンボールで育った少女】を無料で試し読み

 

【ダンボールで育った少女】のあらすじとネタバレ

家賃滞納夫婦の部屋

中年女性の大家が、8か月も家賃を滞納している、若い夫婦(21歳)の部屋に踏み込みます。

 

「うっくさっ」

 

「その上遊び歩いていて全然つかまらないんだから」

「ロクなもんないわね」

 

「売っても家賃のたしになりそうもないけど」

「整理屋さん荷物全部処分して」

 

・・・とぶつぶつ言いながら指示しています。

 

そこで、整理屋が、ダンボールがゴソゴソ動いているのに気づきます。

 

「ゴキブリでも大量に繁殖してたりして」・・・

 

箱を空けてみると・・・

 

「な・・・なんだこれは」

 

箱の中から出てきたのは、ゴキブリではなく、衰弱した幼い少女でした・・・

 

大家は、悲鳴をあげ、警察に通報。

 

幼児虐待で両親は逮捕され、少女は保護・・・

 

ダンボールから養護院へ

この事件は、ニュースで大々的に報道され、ダンボールで育った少女は一躍有名に・・・

 

少女の名前は、鹿島沙羅(かしま さら)・・・

 

実年齢は5歳にもかかわらず、見た目は2歳程度にしか見えません。

 

栄養不足から、様々な病気を併発・・・

心臓・尿結石・白内障・内臓障害・・・

 

さらに、自分の糞尿を体に浴びて、全身にひどい皮膚病が・・・

 

そして、ひまわり養護院へ引き取られます。

 

 

「鹿島沙羅ちゃんです、今日からみんなのお友達になります仲良くして下さいね・・・」

 

「おばあちゃんみたい」

 

と他の園児は、彼女を見るなり言います・・・

 

担当は、ベテランの古川千代先生・・・

 

確かに、沙羅の容姿は5歳児にして老人のようで、髪の毛は抜けきっており、地獄のような様相でした。

 

ごはんは、箸も使わず手づかみで、他の園児のご飯にまで手を出してしまいます・・・

 

両親に育児放棄されて、食べ物を与えられていなかった沙羅にとっては、食事は楽しむものではなく、動物のように生き残るためだけのむさぼる行為でした。

 

しかも、消化力もなく、食べたその場で下痢をして、テーブルの下は糞尿だらけ・・・

 

沙羅には、トイレの使うことも理解していません。

 

そして、古川先生が、いくら躾をしようと頑張っても、沙羅には全く反応がありません。

 

最初は園長が沙羅を快く引き受けたものの、施設のスタッフ達は沙羅のことを持て余してしまいます・・・

 

先ずは無料立ち読みをおすすめ!
リンク先で【ダンボール】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ダンボールで育った少女】を無料で試し読み

 

【ダンボールで育った少女】の結末

沙羅と夏美先生

沙羅は、今までのダンボールに垂れ流しの生活から、トイレを覚えることもなく、オムツをつけられてしまいます。

 

ベテランの古川先生も、それは、しょうがないことだと、諦めモード・・・

 

実際、沙羅はこの児童養護施設にもなじめず、部屋の隅っこで座ったまま、一日中、言葉も交わさずに過します。

 

その中で、ひまわり養護院の先生である、夏美は沙羅の担当ではありませんが、沙羅のことを気にかけ、積極的に話しかけていきます。

 

「沙羅ちゃんおはようー」

 

「ねぇ今日は天気がいいか夏美先生と一緒に遊場ない?」

 

「いっくら話しかけたってムダよ・・・」

 

と古川先生・・・

 

しかし、最初は夏美の言葉にも反応しなかった沙羅でしたが、少しずつ、興味を示して心を開きはじめていきました。

 

そして、ある日の夜、夏美はと彼氏と一緒にこっそりと沙羅を連れ出してしまいます・・・

 

それは、ダンボールの中で育ち、外の世界を全く知らない沙羅に、外の世界を見せてやりたかったのです。

 

しかし、施設はそのことで大騒ぎになってしまいます・・・

 

何故?

夏美は、ダンボールで育てられた少女のことをそんなに気にかけるのでしょうか?

 

そして、物語は感動の結末を迎えます・・・・

 

以下ネタバレ満載につき無料立ち読みをおすすめ!
リンク先で【ダンボール】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ダンボールで育った少女】を無料で試し読み

 

【きょうだい児】のあらすじとネタバレ

第2話の【きょうだい児】は、難病の弟がいるために、親の愛情を弟独りに奪われ、自分が親に甘えたくても甘えられない小学生の兄の物語です。

 

難病の弟に、かかりっきりの両親・・・

 

親の愛情を求めているのに、難病と闘っている弟と比較して健康児なので、我慢しなくてはならない兄・・・

 

小学5年の草刈健治はクラスの中で問題児でした。

 

しかし、臨時教員として、健治のクラスにやって来た石田先生は、彼のことを本当は悪い子ではないと感じていました。

 

健治は、ただ母親の関心を自分に引き付けたいだけではないのかと・・・

 

また、その理由は健治の両親にあるのではないかと?

 

石田先生がそう考えた根拠は・・・

 

①健治には忘れ物が多い、②学校への提出物を出さない、③担任との連絡帳にメモも見ていない、④学校からの電話にも出ないの4点でした。

 

しかも、両親は健治のことを虐待してる可能性が・・・

 

その疑いを明らかにするために、石田先生は、健治の家庭を訪問します。

 

両親は健治の弟の世話で忙しいというが、折角だからと、家の中へ・・・

 

すると、家の中は、ゴミ屋敷・・・

 

おまけに健治は母親のことを「あの人」呼ばわりしています。

 

まだ小学5年生の健治にとって、事実、母親が不在の状態でした・・・

 

そういうことを不憫に思った、石田先生が、健治の身の回りの世話をすることに・・・

 

しかし、ある日、健治の祖母がやってきて石田先生の好意を断ってしまいます。

 

そして、その後、健治は不登校に・・・・

 

 

【ダンボールで育った少女】の四話を読んだ感想

【ダンボールで育った少女】の四話を読んで・・・

 

「生まれてくる子供の人生のほとんどは、幼少期に受ける親の愛情にかかっているのだ。」ということを痛感しました・・・

 

世の中には子供が欲しくてもできない人がたくさんいます。

 

一方で、無責任につくってしまった子供をネグレクト、育児放棄、虐待する親もたくさんいます。

 

その人たちは、やはり、自分の子ども時代に愛情を受けることができなかった可哀想な人たちなのでしょうか?

 

親の愛情を受けずに育った人は、たぶん、親としての愛情を与えることが理解できないのかも知れません。

 

しかし、この連鎖は、どうにかして断ち切らなければ・・・

 

生まれて来た子どもに罪はないのですから・・・

 

完全無料の立ち読みをおすすめ!
リンク先で【ダンボール】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ダンボールで育った少女】を無料で試し読み

 

【児童虐待関連】

【ママがぼくを殺した】ネタバレ!埼玉3歳女児やけど放置死事件結末は?無料漫画試し読み

2017.03.06

【新・ちいさいひと1話】wiki風ネタバレ!吐夢(とむ)くんの結末は?無料漫画試し読み

2017.01.19

【虐待される子供たち】ネタバレ結末!あらすじと感想!無料漫画試し読み

2016.11.30

【僕を殺さないで!難病児童虐待殺人事件】全話ネタバレ結末!漫画無料試し読み

2016.10.20

【ブラック主婦~ダンボール】ネタバレ結末とあらすじ!実話も愛知で?無料漫画試し読み

2016.11.16

【ママ殴らないで~躾という名の虐待】ネタバレ結末!あらすじ感想!無料漫画試し読み

2016.11.18

【消えた子供2~隣の部屋】ネタバレ結末と感想!【腐った水】のあらすじも!

2016.07.22

終わらない虐待~のネタバレ結末!感想と無料試し読み情報のまとめ

2016.05.09

キモコワな彼女~母性のない女のネタバレ結末と感想!無料試し読み!

2016.05.08