【外道の歌2巻前半】ネタバレ結末!真里江のママ友と肉袋?3巻発売日は?

外道の歌2巻

こんにちは 😎 

大好評発売中の『外道の歌1巻』に続いて、一足先に『外道の歌2巻』のネタバレです!

外道の歌2巻10話からは、新展開「私の未来予想図」に突入・・・

一見、順風満帆に人生を歩んできた、加藤真理江には、どんな凄惨な結末が待ち受けているのか?

 

以下ネタバレ満載につき先ずは無料試し読みをおすすめ!

*リンク先で【外道の歌】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料で試し読み!

今ならスグに使える超お得50%OFFクーポンをゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料試し読み!PCもOK!

 

【外道の歌2巻10話】あらすじとネタバレ:私の未来予想図

 

この物語のヒロイン・真理江(まりえ)は、家計を支えるためにあくせく働く母親との二人暮らしで、田舎のボロアパート住まいの貧しい高校生だった。

 

真理江はそんな不遇な家庭環境を乗り越え、努力の末、受験戦争、就職戦線に勝ち残り、一流企業へ就職・・・そして、エリートと結婚の後、娘を無事出産する。

 

出産を無事終えた真理江は、産婦人科のベッドの上で近況をSNSにアップ・・・

 

MARIEさんがコメントを追加しました。

 

出産マジヤバイ!!!!!

ホンッッッッッッットーーーーーにキツかった

しかもダンナは仕事でニューヨークだし(>◇<)

大丈夫かっ私!?やれるかっ私!?

 

いいね!・コメントする・シェア 2時間前

 

自分の描いていた「未来予想図」通り、勝者としての人生を歩んできた真理江。

 

「人生の”主人公”は私だ・・・。」

 

*外道の歌10話の詳細はこちら

【外道の歌1巻】ネタバレ全9話無料試し読み!トラvs鶴巻!2巻発売日は?

2016.08.08

 

【外道の歌2巻11話】ネタバレ:ママ友と狂った未来予想図

 

舞台は、真理江の出産から3年後・・・

 

真理江は、千葉の閑静な住宅地に一軒家を構え、娘の乃亜(のあ)は3歳になり、もうすぐ幼稚園へ入学。

 

ある朝、真理江の近所にある児童公園で、幼稚園児を連れたママ友3人組が井戸端会議。

 

「うちの子が麻亜砂(まあさ)ちゃんを遊びに誘ったらさ」

 

「バレエ教室だからって断られたって」

 

「え~~~!」

 

「複数の習いものは年長さんからでいいと思うなぁ」

 

ああだこうだと他人の子供の習い事の多さを批判しているが、(他人の勝手でしょ・・・)

 

また、年少の子でグループになって親が交代で園児を幼稚園まで送り迎えさせることになり、園が勝手にグループを決めることに対しても、これまた批判のママ友3人組・・・

 

そこへ、真理江と乃亜が通りかかった・・・

 

「はじめまして同じグループの前野です!」

 

「あぁ・・・・・・どうも」

 

「よろしくお願いしますぅ」

 

「あ ハイ どうも」

 

「どうも・・・」という真理江の返事に対して、ママ友のリーダー格の前野は怪訝(けげん)そうな顔をするが・・・

 

前野は、真理江のつけている”カルピエ”の腕時計に気づくと・・・

 

「え スゴイ!」

 

「ホント!見して」

 

「高かったんじゃない?」

「そのカバン”グッピ”じゃない?」

 

「私 スゴイ欲しかったのこの型のヤツ」

 

・・・などと、うざく絡んでくる。

 

これ以上絡みたくない様子の真理江は・・・

 

「あ 私 そろそろ・・・」

 

ママ友グループの親睦を深める意味で「お茶でもどうですか」と誘う前野に対して、真理江はその誘いを振り払うように・・・

 

「あ 私ちょっと予定がぁ・・・」

「すいませぇん」

 

そして、自宅に帰った真理江は娘の乃亜に、

 

「夕飯はレンジでチンしといて」

「いい?」

 

「パパは?」と乃亜が聞くと・・・

 

「あーーーー?」

「遅いってよ・・・一人で大丈夫でしょ?」

 

と言って、真理江は自分が編集した6時間DVDを大画面TVにセットすると・・・

 

「おとなしくそれ見てて」

 

「じゃあ行ってくるね」

 

と言って、そそくさと家を出て行った・・・

 

家に独り残された乃亜は、ソファーに座って真理江が帰るまでDVDを観ていた・・・

 

先ずは無料試し読みをおすすめ!

*リンク先で【外道の歌】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料で試し読み!

今ならスグに使える超お得50%OFFクーポンをゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料試し読み!PCもOK!

 

乃亜を独りにして家を出た真理江は朝からどこに向かって行ったのか?

 

行先は、6駅も先にあるスーパーのレジのバイトだった・・・

 

女としての人生の勝者である真理江が何故スーパーでレジ打ちを?

 

同僚のオバサンが真理江に、「なんでそんな遠くから来てんの?」と聞くと・・・

 

真理江は、「はあ・・・まぁ…」と歯切れの悪い返事をする・・・

 

心の中では「知られたくねーんだよババア」

 

その夜、真理江に夫からの電話・・・

 

「仕方ないだろ・・・今会社がヤバイ状況なんだから」

 

「何とか穴埋めしないと本当にヤバいんだよ?」

 

「家族だったらそういうこと協力するでしょ?フツー?」

 

「は?何 そのいい方?」

 

「協力してんでしょ?バイトまでして!」

 

「これ以上まだ 何かしろと?」

 

郊外の一軒家に住み、ブランド物で身を固め、傍から見て完全勝ち組の主婦・真理江だったが・・・

 

ベッドにはたくさんの睡眠薬の錠剤が転がり、夜もぐっすり眠れない様子・・・

 

夫の事業の失敗から、一転して人生の歯車が狂った真理江・・・

 

真理江の寝室のドアが開き、「ママ・・・まだ寝ないの?」と乃亜が心配そうに聞く。

 

「・・・・・寝れねーんだよ・・・」

 

そして、真理江は、乃亜の両肩を抱えて言い聞かせる・・・

 

「これから幼稚園で他の子達と一緒に生活してく事になるけど」

 

「勉強でも私生活でも絶対に他の子に負けちゃダメだからね!!」

 

「ママは子供の頃からそうやって自分一人でのし上がってきたんだから」

 

「これから先 勉強でも仕事でも」

 

「絶対に他人に負けちゃダメよ!」

 

人生の節目節目で勝ち続けてきた真理江だったが・・・

 

今度はママ友社会という新たな戦いが始まった。

 

しかし、一度狂った歯車はだれも止められなかった。

 

何をしても無駄だった・・・

 

【外道の歌2巻12話】ネタバレ:あかりちゃんの送迎で?

 

数か月後・・・

 

ある朝、前野を中心とするママ友3人組がいつもの井戸端会議。

 

「あ どうもぅ」と3人の前を通り過ぎる真理江のソツない挨拶・・・

 

ママ友3人組は、以前ランチに行ったイタリアンのお店がTVで紹介されたことで盛り上がっている・・・まるで誘われていない真理江に対する当てつけのように。

 

ああ・・・

 

またか・・・・・・

 

この流れ?

 

自宅に帰った真理江は・・・

 

「イタリアンのランチィィィィ!?」

 

「私誘われてないんですけど」

 

「あーーーっムカつくっっあの*クソ女!!」

*もちろん前野のこと

 

・・・と怒り狂っていた。

 

すると、乃亜が・・・

 

「・・・・・ママ・・・」

 

「今度・・・・・あかりちゃんのお家でお誕生会」

 

「行ってもイイ?」

 

と、聞いてきた。

 

真理江は、娘の乃亜だけがパーティーに呼ばれていないことが気になり、ママ友3人組の一人に、前野さんのお宅でやる誕生パーティーに呼ばれているのかどうか?を聞いた。

 

「ええ呼ばれていますけど」

 

「うちの乃亜が呼ばれてないみたいなんですけど」

 

「え ホントですかぁ?」

 

「前野さんに聞いてみないと」

 

「私聞いてみましょうか?」

 

「あ」

 

「イイです」

 

「もうけっこうです ハイ!」

 

前野宅では、あかりちゃんの誕生パーティーが行なわれていた・・・

 

そこでは、ママ友3人組が、真理江のことについて色々と批判話をしている。

 

「なんかプライド高い・・・よねえ」

 

「たまに 軽く見下したようなこといってこない?アレ 腹立つんだけど!」

 

「あれはさあ・・・プライドっていうより」

 

「自己顕示欲の塊じゃない?」

 

自宅に帰ると乃亜は真理江に・・・

 

「何で乃亜だけお誕生日会行っちゃダメなの?」

 

「みんな行くっていってたよ」

 

「ねえなんで?ママ?」

 

と聞いてきた。

 

その時、真理江の中でメラメラとある想いが浮かんだ・・・

 

うちの子をバカにするってことは・・・

 

私をバカにするって事だよなぁ?

 

私の人生を

 

全否定してるんだな?

 

「・・・許せねえ 絶対に許せねぇ」

 

真理江が幼稚園の送り迎えの当番の日・・・

 

真理江は、幼稚園が終わった乃亜とあかりちゃんの二人を車の後部座席に乗せると、

 

「あかりちゃん まだ時間かるからさ」

 

「みんなでかくれんぼしょっか?」

 

と聞いた。

 

二人は楽しそうに・・

 

「うんイイよー!」

 

「わーーい かくれんぼ!」

 

ひと気のない山奥まで車を走らせると真理江は、自分が鬼をやるので、あかりちゃんに隠れるように指示をした。

 

「うん!」

 

一方で、乃亜には車の中で待つようにと言いつけた。

 

「なんでー?」

 

「イイから入ってな!!」

 

「呼ぶまで絶対に出てきちゃダメよ!」

 

真理江のスカートのポケットには紐状のものが忍ばせてあった・・・

 

林の中に隠れているあかりちゃんを見つけると・・・

 

真理江はグイッとあかりちゃんの襟元をつかみ・・・

 

・・・・・・・・

 

「あれ・・・あかりちゃんは?」

 

と乃亜が真理江に聞くと・・・

 

あかりちゃんは、疲れてちょっと寝るので、後であかりちゃんママが迎えに来るからもう帰るわよと説明する真理江・・・

 

その説明に対して乃亜はあまり納得が行かない様子だったが・・・

 

その反面、真理江は清々しい顔をして、

 

「今日は焼肉でも食べに行こっか?」

 

真理江の中で解き放たれた狂気は果たしてどこまで行ってしまうのか?

 

そして、カモとトラは彼女をどのように裁くのか?

 

以下ネタバレ満載につき先ずは無料試し読みをおすすめ!

*リンク先で【外道の歌】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料で試し読み!

今ならスグに使える超お得50%OFFクーポンをゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料試し読み!PCもOK!

 

【外道の歌2巻13話】ネタバレ:血の詰まった肉袋とは?

 

その数日後・・・テレビのワイドショーでは・・・

え―――ただいま容疑者の身柄が警察に確保されました

 

容疑者の名前は加藤 真理恵29歳

 

警察の取り調べに対して加藤容疑者は

「夢の中で”血の詰まった肉袋”をしめたのは覚えている」などと供述している模様です

 

「貧しい環境から脱しようと苦学し東京に出てきた・・・」

 

「容疑者の自宅から大量の向精神薬と睡眠薬が発見されという情報もありますよね」・・・

 

テレビではいつものように専門家が出演して今回の事件の犯罪者の生い立ちや精神状態などを検証、評論していた・・・

 

そして・・・

 

一審、二審とも千葉地裁は残忍かつ冷酷な犯行として加藤真理恵に無期懲役を言い渡した・・・

 

この殺人事件は、これで収まったように思えたが・・・

 

最高裁では、事件当時の真理江が*心身耗弱(しんしんこうじゃく)の状態にあったと判定し、真理江を医療刑務所に収容した。

*心神喪失ほどではないが、心神の正常な働きがいちじるしく困難な状態。例えば、薬物やアルコール摂取、統合失調症や感情障害などの疾患などの原因で、善悪の判断に基づいて行動する能力がきわめて低下した状態で刑法上は刑が軽減される。

 

8年後――

 

幼稚園児殺害犯人の真理江は、刑期を終えて医療刑務所を出所・・・

 

次に、どこかの喫茶店で二人の女性が話をしているシーン。

 

片方の女性は、被害者あかりちゃんの母親・前野・・・

 

何やら相談ごとの様子・・・

 

「これ・・・頼まれてた住所」

 

「これを調べてどうするのか・・・私は何も聞かなっから」

 

前野は住所を調べてもらった相手から、憎しみからは何も生まれないし、このままとらわれたままじゃなくて、娘さんの為にも前に進んだほうがいいよと諭されている・・・

 

「・・・・・そうですね」

 

「これ」「約束の謝礼です」とソツなく答えた前野は、

 

翌日、カモメ書店へ・・・

 

娘のあかりちゃんを殺した犯人・真理江は・・・逮捕後離婚して今はアパートで一人暮らしをしていると説明する。

 

真理江の住所は、あの女とまったく接点のない知人の知人に頼んで、興信所に依頼して手に入れたらしい・・・

 

前野は、あかりちゃんはとても怖がりで、幼稚園の年中になっても夜のトイレに行くことができずに・・・

 

一緒に母親がトイレに入って用をたしてる時に母親の手をギュッと握っていたエピソードもカモとトラに話した。

 

「・・・そんな あの子が誰もいない山の中で首を絞められて殺されたんです」

 

「・・・どんなに怖かったろうか・・・・」

 

「あの女も同じくらいの恐怖と苦しみを与えてから」

 

「殺してください」

 

早速、その夜カモとトラは、真理江の住む二階建てのボロアパートにやってきた。

 

カモは真理江の部屋ドアのカギをピッキングで、「キチッ…カチャン」といとも簡単に開けると、ゆっくりドアを開け、部屋の中へ侵入する・・・

 

真っ暗な部屋の中には、まるで幽霊のような姿で真理江が立っていた・・・

 

部屋の中はゴミだらけ、万年床のふとんのくしゃくしゃで染みだらけのシーツの上には、睡眠薬や向精神薬が散乱していた・・・

 

流石のカモとトラもこれには面食らっている様子・・・

 

真理江のボサボサニ伸びた髪の毛のすき間から、貞子のような怨めしそうな目がカモとトラを捉えた。

 

「ビイイ・・」っとカモがガムテープを引っ張ると・・・

 

それを見た真理江は・・・

 

「・・・・あぁ・・・」

 

「どうにでもしろよ・・・・」

 

と一言・・・

 

真理江は、カモとトラにガムテープで手足を縛られ、担がれて白いバンで「ブロロロ・・」と連れ去られていった・・・

 

【外道の歌2巻14話】ネタバレ結末:復讐方法は?

 

真理江が連れていかれたのは、いつもの倉庫・・・

 

手・足・胴体を木製のがっちりした椅子に縛り付けられている。

 

「・・・・・なんでこなったんかわかっとんのか?」

 

「アンタにも娘がおるんやろ?」

 

真理江が言うには、娘とは逮捕以来、10年間一度も会っていないらしい・・・

 

カモが、ブツ切り用の包丁を取り出して、真理江の方に向けると・・・

 

「殺して―なら殺せよ・・・」

 

「好きにして」

 

すると、白のワゴン車の中から被害者の母・前野が出て来て、真理江を「バチン」と平手打ち・・・

 

「・・・・なん・・・で生きてんだ?」

 

真理江自身も生きてるのが本当に嫌で、何回も試したけど死ねなかったらしい・・・

 

「・・・・早く死んで楽になりたい」

 

すると、前野はこう語った・・・

 

周りは、自分と同じ目にも合っていないのに、憎しみは憎しみしか生まないだとか、色々と言うが、

 

「でも私は絶対に許すことができないっ!!」

 

・・・・・・・・・

 

そして、最後に・・・

 

「死んで楽になるというなら」

「絶対に死なせない」

「ずっと苦しみながら生きていけ!」

 

数日後、前野はカモメ書店に最後のあいさつをしに来た・・・

「わたしは・・・・これから先、一生あの子の死を悲しんで生きていくと思います」

 

「死んだあの子のことを悲しんであげられるのは私しかいないから」

 

「私はあの子のことを想って生きていく人生に満足しています」

 

「そう・・・思えるようになったのは鴨ノ目さんたちのお陰です」

 

「本当にお世話になりました」

 

カモは、別れを告げて遠ざかっていく、前野を見ながら・・・

 

「被害者や遺族に対して」

「周囲の人間はただの一つも何かを要求するべきじゃない」

 

それは、カモ自身に語りかけている言葉なのでは・・・・

 

【外道の歌2巻10-14話】の感想は?

 

外道の歌も2巻から新展開に突入・・・

 

「勝ち」か「負け」かの価値観だけで生きてきた、ヒロイン・真理江・・・

 

こういうキャラはリアルにも結構いますよね・・・

 

思春期や青春時代に偏差値や競争に勝つことのみに偏重して、人格形成を置き去りにしてきた輩たちって。

 

「外道の歌2巻」の出だしは、「善悪の屑」の展開と比較すると、一見おとなしく見えますが・・・

 

今回のケースは、悲しみだけを残して、おとなしく終息しましたね。

 

ド派手なスプラッター系の拷問が売りだった「善悪の屑」に対して、「外道の歌」はもっと人間の内面的な狂気を描いているように感じます。(少なくとも出だしは・・・)

 

例えば、櫻井志津馬のように悪人然としてなくて、エリート的なポジションから内面的に崩壊して、狂気の殺人を罪の意識もなく犯していくようなタイプ・・・

 

医療刑務所出所後の真理江の風貌は、まるで「リング」か「呪怨」のようなおどろおどろしさがあります・・・

 

「それはそれでカナリ怖いですね――」

 

しかし、忘れてはいけない存在がいます・・・イカれたサイコ・シリアルキラー野郎・園田夢二が・・・まだ、あの連続殺人事件は全然未解決のままです。

 

「静」で始まった感がある、外道の歌の「新エピソード」ですが、こういう展開もありかな?

 

あの激しい展開を取り戻していくことを期待して・・・

 

15話からの新展開もネタバレしていきますよ―――。

 

【外道の歌2巻15話】から園田夢二が再登場!!

 

とうとう彼が「外道の歌」に再登場!・・・園田夢二・・・あのサイコ殺人鬼野郎が・・・

 

カモとトラが拿捕寸前で取り逃がしてしまった園田夢二は「ゴアゴアコミック」の若手編集者として、これまでと変わらぬ生活を送っていた。

 

*園田夢二の詳細は次の記事をチェック!

【善悪の屑5巻全部まとめ】wiki風ネタバレ結末と復讐方法!無料試し読み

2016.05.18

【外道の歌2巻wiki風ネタバレ】園田夢二の結末?無料漫画はzip/rawよりこれ

2016.11.16

 

【外道の歌3巻】は4月頃発売予定!

 

外道の歌2巻は2016年12月26日(月)に発売開始されています

 

10話~17話の全8話が収録されています。

 

外道の歌2巻前半の屑は私の未来予想図の真理恵、後半の屑はあの練馬区の殺人鬼・園田夢二が再びカムバック・・・

 

勝組未来予想図が一転して…夫の事業失敗、ママ友社会から村八分、精神を病んで幼児肉袋事件へと発展していった真理江の悲惨で陰惨な物語・・・

 

それとは対照的に、園田夢二には自ら犯した殺人を取材と称してルポライターの仕事のように無慈悲に遂行していく狂気と変態性があります。

 

外道の歌2巻は、まさに陰と陽のコントラストがある作品です・・・

 

外道の歌3巻の発売日ですが、2017年4月頃の予定となっています!

 

完全無料の試し読みをおすすめ!

*リンク先で【外道の歌】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料で試し読み!

今ならスグに使える超お得50%OFFクーポンをゲット!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【外道の歌2巻】を無料試し読み!PCもOK!

 

【外道の歌・善悪の屑ネタバレ記事】

【外道の歌2巻wiki風ネタバレ】園田夢二の結末?無料漫画はzip/rawよりこれ

2016.11.16

【外道の歌1巻】ネタバレ全9話無料試し読み!トラvs鶴巻!2巻発売日は?

2016.08.08

【善悪の屑5巻全部まとめ】wiki風ネタバレ結末と復讐方法!無料試し読み

2016.05.18

今なら原作漫画のアニメや新作映画の見放題(アダルトも!)が31日間無料!今なら登録するだけで600ポイント貰えて好きなコミックも無料で読める!さらに人気雑誌70誌以上が読み放題!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓