ごめんしたって許さない【博士】ネタバレとあらすじ感想!無料漫画試し読み

ごめんしたって許さないー博士

こんにちは!

今回は、博士のBL漫画『ごめんしたって許さない』のネタバレやあらすじ感想をお伝えします!

I’m sorryとあどけない表情の半裸青年(一応白パンはいてる…)、表紙からは想像できないほどハードでビッチな場面が含まれる作品・・・

健太郎くんと中年のオジサンとの絡みが…ガッツリエロなので苦手な人は要注意!!

 

先ずは無料試し読みから!

*リンク先で【ごめんしたって許さない】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ごめんしたって許さない】無料試し読み

 

【ごめんしたって許さない】の登場人物

 

北島健太郎

この春、東京の大学に入学が決まり、生まれて初めて田舎を出ての東京暮らしが始まった青森の純朴な青年。

東京の大学に行ったら友だちを100人作るとハリキッテいたが、新歓コンパの自己紹介の時、理解不可能なな地方訛りが出てしまう・・・

 

優くん

健太郎と同じ大学に通う、クリームソーダのように綺麗な髪の色をした青年。

新歓コンパの時に健太郎と唯一LINEのアドレス交換をした。健太郎との関係はどこまで進展するのか?

 

【ごめんしたって許さない】のあらすじ

 

大学入学を機に東京にやってきた北島健太郎は、友達を100人作ろうと新歓コンパに参加するも緊張で訛りが出てしまい、見事ひとりぼっちになってしまった。アドバイスをくれる人もおらず、勧誘されるまま日サロ・肉体改造・おしゃれにお金を使い一文無し。イメチェンでゲイにモテモテになった健太郎はハッテン場でお金を稼ぐようになるのだか、新歓コンパで唯一連絡先を交換した綺麗な髪色の青年・優くんに売りがバレてしまい――。
 
ごめんしたって許さない-内容紹介

 

健太郎のビフォーアフター

 

「へば気ばつけての」

 

「おが大丈夫だ」

 

・・・と生まれて初めて青森を出て東京の大学に入学した健太郎。

 

どこから見ても純粋素朴な地方青年…

 

東京の大学でたくさん友達を作りたい…

 

大学のキャンパスでイベント系の飲みサーに勧誘され、よくわからないままに入部。

 

新歓コンパがあり、そこにはクリームソーダのような綺麗な髪の毛の色の青年がいた…

 

自己紹介の番が来た時、健太郎は緊張のあまり、酷い訛りがでてしまう…

 

わの名前は北島健太郎です、

青森の津軽の方がきや来ますたぁ

東京は

こったらひとが多ぐて、

どってんしたじゃあ

したばってけやぐうって

作りてはんでなんぼぞ

仲良ぐすてけろ

 

サークル仲間たちは、健太郎の言ってることが全く理解不能!?…これって日本語?

 

そして健太郎は完全に浮いた…

 

その後は誰も近づいてこないハブ状態。

 

唯一連絡先を聞いてきたのが、クリームソーダの優くん。

 

都会的なイケメン…健太郎にとって初めての友達?

 

ある日、健太郎はショーウインドーに映る自分の姿を見て、自分が田舎者っぽいことを気にしながら歩いていた…

 

そこをブティクの店員に引っ張られ、気づいてみればたくさんのオシャレ服を買わされていた・・・

 

また、街を歩いているだけで肉体改造ジムや日焼けサロンに勧誘され、それも言われるがままに契約・・・

 

3か月後――

 

健太郎の容姿は褐色の肉体派、アクセがチャラチャラのギャル男と化していた。

 

サークル仲間が学食で見かけても健太郎とは誰も気づかない…

 

健太郎から声をかけると・・・

 

その変わり様に誰もが引いた…というか怖がった!!

 

サークル仲間はこれで勘弁してくださいと千円札を渡して逃げていく・・・

 

帰りに電車の中でうぇんうぇんと泣く健太郎…

 

僕は完全ぼっち、肉体改造とオシャレでお金も使い果たした。

 

そこへ、中年のオヤジが後ろから近づいて来た・・・

 

オヤジは健太郎のお尻をワシづかみにした後、自分の固くなったものをゴリっとあてがった。

 

次に健太郎のベルトを外して・・・・

 

健太郎が果てるまでシゴいた。

 

そして、オヤジは健太郎の耳元で囁く…

 

次の電車で降りて、お金あげるから・・・

 

*初回半額!月課金なしがおすすめ!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ごめんしたって許さない】Booklive

 

【ごめんしたって許さない】ネタバレと結末は?

 

言われるがままに、駅を降りてオヤジについていく健太郎。

 

健太郎、それ素直過ぎやで!!

 

オヤジは健太郎を公園のトイレへまで導き、1万円でしゃぶってくれと…

 

バイト10時間分の金額を提示された健太郎は、そのままぱっくり!!

 

最後は喉の奥深くにフィニッシュされた・・・・

 

鼻から体液が出てちゃてるわ…!

 

そこからの健太郎は、坂を転げ落ちるようにハッテン場で生計を立てるようになった。

 

ワンドリンク1万円、お掃除つきで…。

 

友達のいない健太郎は、人に必要とされ繋がっていることに歓びを感じた。

 

例えそれが、変態オヤジだとしても・・・

 

しかし、健太郎のそんな行為ををずっと監視している人物がいた!?

 

クリームソーダの優くん。

 

売りやってるのが大学にばれたらヤバいよなぁ?

 

俺にもしてみてよ…

 

健太郎は、優くんは友達だからそれはできないといった…

 

すると優くんは、黙ってる代わりに自分の言うことを全部聞くという条件を出してきた。

 

後日、二人は喫茶店で会って話をする。

 

優くんは、もうオッサンたちとは会うなよといって、健太郎のスマホの連絡先を全部デリート。

 

健太郎は、最初はお金欲しさだったけど、最近は寂しさを紛らわせるためかも知れないと…

 

優くんは、帰り際にもオッサンたちとはもう会うなと念を押した…

 

しかし、健太郎は紳士的で優しい斉藤さんには直接会って断ることに決める。

 

健太郎は斉藤さんと高級ホテルのロビーで待ち合わせた。

 

 

斉藤さんはチャックインしてくる間に、シャンパンでも飲んで待っててと健太郎にいった。

 

それを呑んだ健太郎は頭がふわふわして変な感じになった・・・

 

部屋に入ると…斉藤さんは突然豹変し、ドSと化す!

 

手錠に首輪、ロウソクに様々な玩具の数々・・・

 

尿道や前立腺への激しい刺激・・・

 

凄まじくハードなプレイ!!!

 

このシーンは初心者向けじゃありませんよ、本当に・・・マジで・・

 

しかし、どんな時でも見守って健太郎のピンチを救ってくれるパートナーがいた。

 

優くんが…

 

【ごめんしたって許さない】の感想

 

フワッとした絵柄と田舎の純朴な青年キャラの健太郎…

 

孤独な上に性格が素直すぎてどこまでも人に流されてしまいます。

 

一見、クール&ドライで素直じゃないイケメンの優くん…

 

実は一途で結構愛らしい性格。

 

『ごめんしたって許さない』はとってもエロ可愛い漫画でした。

 

エロ描写はかなりハードで初心者向けではありませんが・・・

 

特に斉藤さんのSMプレイはエグイ!!!

 

でも優くんもヤルときは結構なことヤッてますけどね(笑)

 

加えて、結構なストーカーですが(爆)

 

5話の最終話では斉藤さんが未練がましく再登場します、優くんとのやり取りが見ものです。

 

ラスト3ページの『その後』では、健太郎がすっかりビッチ化して優くんとドロドロに絡みますよ・・・

 

*初回半額!月課金なし!クーポンガチャで毎日割引!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ごめんしたって許さない】Booklive

 

★ごめんしたって許さないを1冊全部無料で読む裏技

『U-NEXT』というサイトをご存知ですか?

このサイトは一部上場の優良会社が運営している最新ドラマや映画などの動画配信で有名ですが、電子漫画の配信も大変充実しています。

現在『U-NEXT』は31日間無料お試しキャンペーン実施中で今なら特典で電子書籍にも使えるポイントが600円分もらえます!

このポイントを使って【ごめんしたって許さない】もまるごと1冊無料でDLできるんです!(もちろん他の作品でもOK!)

さらに無料登録後31日間は、映画・ドラマ(海外や韓流も)やAV作品(ポイントフリー)、人気雑誌70冊以上などがスマホやPCでいつでも見放題!

娯楽系テンコ盛りで筆者は即効ハマってしまいました!

無料期間の31日以内に解約すればもちろん費用は0円!(筆者確認済み!)

*無料期間の終了日は忘れないようにメモしていた方がいいですね…。

よくある無料体験中のジャンクメールも全然ありませんでしたよ!!

*U-NEXTを解約する手順はこちら!

U-NEXT<ユーネクスト>を退会(解約)する方法を分かりやすく解説

2017.01.01

さらに、無料期間内に解約してしばらくすると500円分のポイント付きで再度の31日無料お試しオファーのメールも来たんです!これはホントにお得!!

U-NEXTリトライキャンペーンの案内

 

★今なら【ごめんしたって許さない】が1冊全部無料で読める!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ごめんしたって許さないを無料で読む

 ★ごめんしたって許さないを無料で読む

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
スポンサーリンク

スポンサーリンク