【消えた子供2~隣の部屋】ネタバレ結末と感想!【腐った水】のあらすじも!

消えた子供―隣の部屋

こんにちは 😀 

今回は、「ストーリーな女たち」シリーズの中で、特に人気の高い、まるいぴよこ先生の作品『消えた子供2~隣の部屋~』をご紹介します!

この作品には、『隣の部屋』『腐った水』『壊れゆく母』『人でなし家族』『母親失格』の5話が収録されています。

5話のすべてが実話に基づく物語で全編読み切り、衝撃の内容です。

虐待、ネグレクト、育児放棄、戸籍のない子供・・・

リアルほど恐ろしいものはないですね・・・

 

以下ネタバレ満載なので、先ずは無料試し読みをおすすめします!

*完全無料の試し読み!
リンク先で【消えた子供】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【消えた子供2~隣の部屋】を無料で試し読み

 

【消えた子供2~隣の部屋~】の登場人物

 

小原咲子(32)

夫のDVに耐え切れず離婚した、一娘の母親のシングルマザーで、母子での新しい生活を始めるためアパート(105号室)に引っ越してきた。

子供の頃から水商売の母親に虐待されて育ち、高校卒業後に就職。

職場で出会った男性と結婚したが、最初は優しかった夫も結婚後、次第にDVが始まりあえなく離婚・・・

元夫は離婚後に養育費を払わないので、生活のために働く必要があり、そのため娘を保育園に預ける・・・

 

小原幸恵(4)

小原咲子のひとり娘。

咲子の仕事中は保育園に預けられている。

おとなしい性格だが、父親からDVを受けていた・・・

 

田中さん

咲子と同じアパートの103号室に住居している一人暮らしの老人。

感じの良い人で、咲子のお隣、106号室に住んでいる山本さんのことを詳しく教えてくれる・・・

 

山本さん

4ヶ月前からアパートの106号室に住居している女性。

夜の仕事(水商売)をしているため、日中はほどんど留守にしている。

アパートの部屋には、とっかえひっかえ複数の男が出入りしており、部屋を尋ねても居留守はするし、挨拶ひとつもぜず、近所づきあいは皆無・・・

愛想が悪く、子供嫌いで、ゴミ出しもせず、部屋は悪臭でむせ返って近所迷惑だが、それを気に留める様子もない・・・

 

【消えた子供2~隣の部屋~】あらすじとネタバレ

離婚後、ひとり娘の幸恵を連れてアパートに引っ越してきた、「シングルマザー」小原咲子・・・

 

離婚の理由は、元夫の激しいDVによるものだった。

 

逃げるように別れた夫からは、養育費は貰えず、咲子は幸恵を保育園に預けて働くことに・・・

 

105号室へ入居がきまり、アパートのお隣さんにご挨拶・・・

 

「うちは母子家庭で、ご迷惑をかけることもあると思いますが、よろしくお願いします」

 

103号室に住んでいる田中さんは一人暮らしの感じの良いおばあさん。

 

「・・・次は106号室・・・」

 

咲子は、空き部屋かと思ったが・・・

 

「ゴミも出てるし、留守みたいね」・・・

 

幸恵も、明日から保育園が始まる。

 

その後・・・

 

咲子は、何度も106号室に挨拶に行ったが、お隣さんはいつも留守・・・

 

ある日、106号室の前を通り過ぎようとすると、偶然ドアが「ガチャ」っと開いて・・・

 

「美人女性」のお隣さんが出てくる。

 

咲子は、挨拶をするが・・・

 

106号室の隣人は、幸恵を連れている咲子をじろじろ見るなり・・・

 

「ねぇもしかして母子家庭?」

 

「私子供って大嫌いっ!!」

 

「メーワクかけないでよね!」

 

初対面でいきなり失礼なことを暴言・・・

 

その後、咲子は103号室の田中さんのところへ行って、106号室の失礼な隣人のことを聞く・・・

 

彼女の名前は山本で、4か月前に越してきて、水商売かなんかの夜の仕事をしているらしい。

 

越してきたころは、男が良く出入りしていたが・・・それも毎回違う人・・・

 

最近では、何日も留守にすることが多いらしい・・・

 

その夜、咲子は田中さんから聞いた山本さんの話を思い出し・・・

 

シングルマザーで水商売をしながら、虐待を受けていた自分の母親のことを回想した。

 

毎日暴力におびえながら泣いて暮らしていた日々を・・・

 

また、仕事関係で知り合って、優しいと思って結婚した夫も、結婚後は暴力を振るうようになったことも・・・

 

夜も更けた時、隣の106号室の部屋で、なにやら「ガサ ガサ あーん あーん」と子供の鳴き声のよう・・・

 

山本さんは夜の商売で部屋には誰もいないはず?

 

次の日、田中さんにそのことを話す、咲子だったが・・・

 

106号室のベランダを見ると、閉め切ったカーテンの隙間から子供が顔を出している・・・

 

以下ネタバレ注意報!先ずは無料立ち読みを!

*完全無料の試し読み!
リンク先で【消えた子供】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【消えた子供2~隣の部屋】を無料で試し読み

 

【消えた子供2~腐った水】あらすじとネタバレ

 

【腐った水】のモデルになった実際の事件

 

この物語は、1981年8月30日に兵庫県尼崎市で起きた「小3の腐敗水混入事件」をモチーフにしています。

 

これは、兵庫県尼崎市の小学3年の女の子が、母親の虐待に耐えかねて、食事などに腐敗した水を混入させて、それを摂取した母親は重体に陥り、兄と母親の知人の女性とその子供が中毒症状を起こした事件です。

 

その女の子は母親から、彼女の盗癖を直すためという理由で、突き倒されたり、火をつけたロウソクを体に垂らされたりするなどの虐待を受けていました。

 

女の子の腕は、母親から突き飛ばされた時に骨折し、手当てもされずに、そのままの状態で放置されており、右手の甲の傷は化膿状態でした。

 

実の母親から、ずっとひどい仕打ちを受けながら、どうにかそこから逃れようとして、女の子が仕方なく起こしてしまった非常に悲しい事件です・・・

 

【腐った水】鈴木幸子の夏休み

 

父親が、暴力団で刑務所暮らし、身なりも汚い、小学3年生の鈴木幸子(9)はクラスの嫌われ者・・・

 

学校の先生までもが、幸子のことを無視しています。

 

しかし、そんな学校でも幸子は通えることが幸せでした・・・

 

何故なら・・・

 

家へ帰れば、酷い母親に殴られ、ご飯もロクに食べさせて貰えない・・・

 

一学期の最終日、午前中で学校は終わり、今日は給食がありません。

 

昨晩から何も食べていない幸子・・・

 

夏休みが始まると、何も食べることができません。

 

【腐った水】夏休みの虐待生活

 

途方に暮れながら、家に帰ると・・・

 

家には、母親と兄と、母親の妹の明美とその子供がいました。

 

みんなで楽しそうにお寿司を食べています。

 

幸子は自分もお寿司を食べたいと思いましたが・・・

 

母親は、「さっさと帰らないから、おまえの分なんてないさ」・・・

 

そして、母親は、幸子にたばこを買ってこいと、お使いを頼む・・・

 

お腹がペコペコだった幸子は、我慢が出来ず、そのお金でパンを一緒に買って食べてしまいます。

 

当然のごとく、それを知った母から、幸子は殴られ、蹴られ、いつものように虐待を受けます・・・

 

今日もご飯抜きだと、外に放り出されましたが、近所の人は誰も見て見ぬふり、助けてはくれません。

 

ある日、幸子が、空腹から台所でお水を飲もうとした時、彼女は戸棚に財布が置いてあることに気づきました。

 

そして、その財布の中には、たくさんの札束が・・・

 

少しくらいなら分からないかと、幸子がそのお金に手を出そうとした瞬間、後ろから大きな怒鳴り声が・・・

 

タイミングが悪いことに、家族のみんなが帰ってきたのです。

 

その財布は、明美のものでした。

 

それを見た明美は、幸子に「お仕置き」をすることを提案・・・

 

素っ裸にされて、お座りさせられた幸子は、体に火のついたロウソクを垂らされたり、タバコを押し付けられたりしました。

 

そして、遂には髪の毛にまでロウソクの火が・・・

 

「ボッ」と引火・・・

 

頭が焼けただれて、床の上を転がりながら、のたうち回る幸子・・・

 

夏休み中、幸子は食べ物も与えられず、ゴミ箱を漁るしかありませんでした・・・

 

【腐った水】農薬入りのビン

ある日、幸子は、隣の家の工事現場で薬品のようなものが入ったビンを見つけます。

 

後で、幸子は、それは人が飲むと死んでしまう「毒性のある農薬」入りのビンだと知ります・・・・

 

数日後、幸子は、また母親から怒鳴られてしまいます・・・

 

財布からお金を盗んだという理由で・・・

 

実際の犯人は兄だったのですが・・・

 

今度は、母親から殴られ、蹴られたはずみで、幸子は庭にころげ落ちてしまいます。

 

その時、どうやら幸子は左腕を骨折してしまったようです・・・

 

「私じゃないのに・・・」

 

幸子は農薬の入ったビンの事を思い出しました・・・

 

「母親さえいなくなれば・・・」

 

そして、そのビンを手に取る幸子・・・

 

果たしてこの物語の結末は・・・?

 

【壊れ行く母】のあらすじ

 

ある平凡な主婦が薬物中毒にハマってしまい、その恐怖の体験をを描いた物語です・・・

 

【人でなし家族】のあらすじ

 

実の母親と兄からも虐待を受け、さらに、虐待から逃れるために、貰われていった叔母の家でも性的な虐待を受けてしまうという少女の日常生活を描いた物語です・・・

 

【母親失格】のあらすじ

 

この物語の主人公である母親は育児放棄をしています・・・

無責任で自分の快楽だけを求めて外で遊びまわる、セルフィッシュであきれた母親の生活が、ここでは描かれています・・・

 

以下ネタバレ満載!無料の試し読みをおすすめ!

*完全無料の試し読み!
リンク先で【消えた子供】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【消えた子供2~隣の部屋】を無料で試し読み

 

【消えた子供2~隣の部屋~】のネタバレ結末は?

 

カーテンの隙間から外を覗いている幼い子供の顔は・・・

 

何かに怯えているような顔つきで、薄汚れてボロボロになった服を着ています。

 

咲子は106号室のドアを叩いて、その子供に出てくるように呼びかけますが・・・

 

そこに、タイミングよく山本さんが帰って来ました。

 

咲子が事情を聞くと・・・山本は、

 

「ちょっと知り合いの子を預かっているだけよ」

 

と逆切れモード・・・

 

その後、106号室の部屋からは、山本の怒鳴り声が・・・

 

「うるさい泣くな!!」

 

「ったくヘマやってんじゃねぇよ!」

 

自分が過去に受けた、地獄のようなその虐待の光景を目の当たりにして、咲子はその女の子を救おうとします・・・

 

 

そして、咲子は、こんなことをしていると「警察に通報」するわよ!といって山本に詰め寄っていきます・・・

 

咲子が、山本から詳しい事情を聞くと・・・

 

その女の子は「知り合いの子供」ではなく、山本自身の子供でした・・・

 

しかし、この事態は・・・

 

咲子の想像を遥かに超えるものでした・・・

 

さらに、山本はその時すでに・・・

 

「もう一人の子供を妊娠」していることも発覚・・・

 

【消えた子供2~隣の部屋~】の感想

 

悲しいことに、このような子どもの虐待事件は、ニュースでも頻繁に報道されていて、後を絶ちません・・・

 

最近も、「北海道小2置き去り事件」のように、親が躾けと称して、子供を山に置き去りにして、その子供が6日間も行方不明になるという事件がありました・・・

 

この事件では小2の男の子が、サバイバルして無事保護されて、「メデタシ メデタシ」な感じでしたが、もし、米国でこれと同じようなことをしてしまったら、確実にその親は重い処罰を受けることになります。

 

米国では、DV、ネグレクト、幼児の性的虐待などの事件が多いですが、もし、それが発覚した時の処罰は、日本では想像もできないくらい重いのです・・・

 

日本では、まだまだ、欧米に比べると児童虐待に関しての法律がゆるいような気もします・・・

 

この消えた子供2~隣の部屋のストーリーの中でも警察が動きますが、その対応に関しては・・・どうでしょうか?

 

また、同じ母子家庭であっても、咲子と山本のキャラクターは対照的で、この物語を読む上での明確なコントラストになっています。

 

この作品は、全編を通じて児童虐待がテーマですが・・・

 

裏に見えるテーマは・・・

 

「家族の愛とは何か?」

 

「まず親が子供に愛情を与えてなければ、それは将来的に連鎖を起こしてしまう!」なのではないでしょうか?

 

まるいぴよコ先生のこの作品は、それをシビアに痛感させてくれる、とても秀逸な物語です・・・

 

登録不要!完全無料の試し読みをおすすめ!

*完全無料の試し読み!
リンク先で【消えた子供】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【消えた子供2~隣の部屋】を無料で試し読み

【おすすめ関連作品】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【売られてしまった私~性被害の子】ネタバレ結末とあらすじ感想!無料漫画試し読み

2016.11.23

【ダンボールで育った少女】ネタバレ結末と感想!きょうだい児のあらすじも

2016.06.01

終わらない虐待~のネタバレ結末!感想と無料試し読み情報のまとめ

2016.05.09

キモコワな彼女~母性のない女のネタバレ結末と感想!無料試し読み!

2016.05.08

今なら原作漫画のアニメや新作映画の見放題(アダルトも!)が31日間無料!今なら登録するだけで600ポイント貰えて好きなコミックも無料で読める!さらに人気雑誌70誌以上が読み放題!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓