【声なきものの唄1巻最終4話】の結末とネタバレ!無料漫画試し読み

声なきものの唄~瀬戸内の女郎~1

こんにちは!

今回は、安武わたる先生の「ストーリーな女たち」シリーズ『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋第1巻』最終4話のネタバレと感想です!

最下層遊郭・須賀屋がつぶれたあとチヌは矢津遊郭一の大店「東陽楼」に移り、娼妓(しょうぎ)としての人気も獲得してくるが・・・

 

声なきものの唄1巻前半のネタバレ!

【声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋1-2話】ネタバレ結末と無料漫画試し読み

2017.02.10

【声なきものの唄1巻3話】ネタバレ結末とあらすじ感想!無料試し読み

2017.02.10

 

ネタバレ前に無料試し読みをおすすめ!
リンク先で【声なきもの】と検索!

*声なきものの唄を無料でじっくり試し読み!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【声なきものの唄】を無料試し読み!

*今スグ使える超お得50%OFFクーポンゲットはコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【声なきものの唄】を無料試し読み!PCもOK

 

声なきものの唄4話「弱き者たち」のあらすじ

 

田上フミの後見(こうけん)

 

チヌが東陽楼の娼妓として働き始めて半年近くが経ち、お客からの人気も安定してきていた。

 

ある日、東陽楼に姉のサヨリにそっくりな顔をした女郎が入ってきてチヌは一瞬驚いたが・・・

 

実際のサヨリは瀬島という男に連れていかれて、それ以来行方知れずのはず。

 

その姉に似た女郎の髪は天然のカールがついており、ニヤニヤ、キョロキョロして落ち着きのない娘だった。

 

彼女の名前は、田上フミ(たのうえフミ)といい、年は数えで19・・・

 

番頭の八木(やぎ)は、楼主にフミのことを見かけが良く頭がゆるい分、扱いやすいタイプだと説明していた。

 

それを聞いた楼主は「なるほどー客にはたまらんやろ」と満足げだった。

 

フミの源氏名は「小蝶(こちょう)」と名付けられ、千鳥がフミの後見(サポート)をすることになり、千鳥は姉やんに似た人をお世話できることを嬉しく思ったが・・・

 

小蝶には後々問題となる居眠り癖と寝ションベンの癖があった・・・

 

ネタバレ前に無料試し読みをおすすめ!
リンク先で【声なきもの】と検索!

*声なきものの唄を無料でじっくり試し読み!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【声なきものの唄】を無料試し読み!

*今スグ使える超お得50%OFFクーポンゲットはコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【声なきものの唄】を無料試し読み!PCもOK

 

声なきものの唄4話「弱き者たち」の結末と感想

 

小蝶のションベン癖と美貌

 

東陽楼で初めて取った客が抱いている最中に小蝶はグーグーといびきをかいて居眠りを始め、しまいには寝ションベンまで垂れてしまう始末・・・

 

その客は怒って「金返せッ」っと怒鳴った!

 

実際、小蝶は3度に1回は客の前でおねしょをしていた。

 

顔が美しいから小蝶にはすぐ客がつくが、シモも頭もゆるいのが彼女の一番の問題だった・・・

 

一方で、千鳥は旦那である若様からは今まで一度も抱かれたことはなかったが、何度も助けてくれた神様みたいなお方のなさることに文句は言わないと心に決めていた。

 

それが、ある事をきっかけに千鳥が小蝶に嫉妬心をいだくことになってしまうのである・・・

 

その日、若様は千鳥に会った後、見世から帰ろうとしたが、ふすまを開けると小蝶にばったりと会ってしまう。

 

その時、若様は「…新入り?きれいな妓だね」とひとこと言った・・・

 

それを見ていた千鳥は「こん仕事は男のお客さんの気持ちひとつにすがらにゃならん仕事なんや」と少し不安な気持ちになるのでる・・・

 

そんな経緯で、千鳥は何も知らない無邪気な小蝶に嫉妬心を抱くようになった。

 

ある日、千鳥がいつか若様と一緒に床に入るために作ってしまい込んでいた大切な浴衣を小蝶が勝手に取り出して若様に見せているところに千鳥が遭遇する・・・

 

その時、千鳥は怒って若様の目の前で小蝶を思いっ切りぶっ叩いた!!

 

「キライやチィちゃん」といって大泣きする小蝶・・・

 

その後、小蝶の癖は居眠りやションベンだけではないことが判明する・・・

 

彼女には盗癖もあったのだ!

 

ヨウカンやらまんじゅうがしょっちゅう無くなっていたのはすべて小蝶のせいだった・・・

 

おちょろ舟の乗せられる小蝶

 

ノラ猫にはしつけが必要だと、小蝶の縛られて押し入れにいれられたが、それでも効かないのでとうとう「おちょろ舟」に乗せられることになった。

 

小蝶は欲しいものがあるとすぐにお股を開く習慣があった。

 

栄太がかかえている握り飯を見るなり、小蝶は・・・

 

「そのにぎりメシくれんなら うちのお股貸すでぇ」

 

「おちょろ舟」とは本来、売上の上がらない娼妓や根性悪の娼妓へのキツイ荒療治であった・・・

 

一旦船に乗ったら迎えが来る明け方まで逃げ場がなく、どんなタチの悪い客の相手もしなければならないし、それでも稼ぎは陸のたった半分しかない。

 

小蝶には漁師のせがれの栄太が船頭として同行することになった。

 

日が沈んでホとラ貝が鳴ったら一斉に出発する・・・

 

「小蝶!今日小便もらしたら船員にたたき殺されるぞ」

 

「富丸もスズカもしっかりやりぃや!」と番頭が言い聞かせた。

 

船は出発したが・・・

 

その船の中には、なんと千鳥も乗り込んでいたのだ!?

 

千鳥はスズカ姐さんに代わってもらって、頭巾を被って顔が見えないようにしてもぐり込んでいた・・・

 

千鳥は嫉妬心に燃えて小蝶をぶったことを後悔し、また、小蝶の後見ということでの責任も感じていた・・・

 

船は大きな漁船に到着し、そこでは荒くれた船乗りたちが女郎たちを今か今かと待ちかまえていた。

 

そして、漁船に乗り込む千鳥と小蝶たち・・・男たちは早速3人を物色し始める・・・

 

一番人気はもちろん見た目が上玉の小蝶・・・しかし、この荒くれ漁師たちにも居眠りと寝ションベン癖を出してしまうのだろうか・・・?

 

このお話しは、千鳥がボロボロになりながらも仲間に対する強い愛情と人間としての大きさ感じさせてくれる結末を迎えます・・・感動の涙、涙!!

 

最下層遊郭・須賀屋で娼妓として生きることを覚悟を決めたチヌでしたが、小梅の自害でそこもつぶれ、今度は一転して矢津遊郭街で一番優雅な東陽楼に移り、様々な愛憎を体験し、娼妓としての頭角を現してきます。

 

チヌのどもまでも前向きな姿勢とその忍耐力、人に対する愛情の深さにはホントに脱帽です・・・

 

続編の【声なきものの唄2巻】ではチヌが姉のサヨリを探すために詐欺師に翻弄されるエピソードや若様(公三郎)の過去の恋愛エピソードが明かされます・・・

 

先ずは無料の試し読みをおすすめ!
リンク先で【声なきもの】と検索!

*声なきものの唄を無料でじっくり試し読み!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【声なきものの唄】を無料試し読み!

*今スグ使える超お得50%OFFクーポンゲットはコチラ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【声なきものの唄】を無料試し読み!PCもOK

 

*声なきものの唄3巻先行配信中(まんが王国)

【声なきものの唄3巻9話】ネタバレ結末!あらすじ感想!無料漫画試し読み

2017.02.16

【声なきものの唄3巻10話】ネタバレ結末!千鳥が監禁?無料漫画試し読み

2017.02.20

声なきものの唄2巻のネタバレ

【声なきものの唄2巻5話-鬼の棲家】ネタバレと結末!無料漫画試し読み

2017.02.13

声なきものの唄1巻のネタバレ

【声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋1-2話】ネタバレ結末と無料漫画試し読み

2017.02.10

【声なきものの唄1巻3話】ネタバレ結末とあらすじ感想!無料試し読み

2017.02.10

安武わたる最新作!

【闇っ子-戸籍のない子供たち】ネタバレ結末とあらすじ感想!無料漫画試し読み(安武わたる)

2017.03.30
スポンサーリンク

スポンサーリンク