【校舎のうらには天使が埋められている1巻】ネタバレ結末!無料試し読み!かいぼうとは?

校舎のうらには天使が埋められている

こんにちは 😮 

今回ご紹介する作品は、小山鹿梨子先生の衝撃のエレメンタリー・サスペンス『校舎のうらには天使が埋めれれている』です!

この漫画は小学4年生のクラスを舞台にしたいわゆる「いじめ物語」ですが、その巧みな残虐性とサバイバル性はかなりハ―ド&へヴィー・・・

そんな激しい内容にもかかわらず、別冊フレンド「アニメ化してほしい作品」では、なんと第1位を獲得・・・

 

ネタバレ前に無料試し読みをおすすめ!
リンク先で【校舎のうら】と検索!

*1巻を無料でじっくり試し読み!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている】を無料試し読み

*今スグ使える50%OFFクーポンゲットはココ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている】全巻を無料試し読み!PCもOK

 

【校舎のうらには天使が埋められている】のあらすじ

 

舞台は赤ヶ瀬小学校の4年2組・・・

 

ある日、とっても内向的でシャイな後堂理花(うしろどうりか)が転校してきた。

 

理花は新しい学校では心機一転、元気よく行こうと決めていたが、異様に規律の取れたクラスの雰囲気にうまく打ち解けずに悩んでいた・・・

 

しかし、今まで見たこともない美少女・蜂屋あい(みつやあい)が「よろしくね後堂さん」と天使のような笑顔で最初に声をかけてきた。

 

算数の授業中に先生にあてられて、答えが分からずもじもじしていいるときも、席の後ろから答えを教えてくれる蜂屋あい・・・

 

ある放課後の帰り道、理花は「わたあめ」みたいな「わんこ」を見つけて、独りで話しかけていた。

 

そこへ、蜂屋あいが偶然現れ、自分も以前「ソラ」という名前の「わんこ」を飼っていたけど、夏休み前に死んでしまったことを理花に打ち明けた。

 

悲しそうな顔をして、「ソラの首輪」を手に見つめる蜂屋あい・・・

 

そこで、あいは「二人でその犬を飼おう!」と提案した。

 

二人だけの秘密として・・・・

 

理花はあいちゃんと二人だけの秘密を持つことで、「何かかが変わる!」期待を膨らませ、友情が深まりを感じた。

 

翌日「わたあめ」は、吉井麗音奈(よしいれおな)が投げたボールを追っかけて川に飛び込み溺れそうになり、それをあいが川に飛び込んで助けた。

 

「わたあめ」を抱きかかえて、「大切な存在がいなくっちゃうのは・・もういやだよぉ~」と泣くあい・・・

 

その姿を見て、理花は、「いっしょうけんめいソラのかわりにあいちゃんを元気にしてあげる!」と約束・・・

 

それを聞いたあいは理花に抱きつき、「ずっとずっと仲良しでいようね!」

 

・・・ここまでは女の子の友情物語だった・・・・

 

翌朝、理花は元気よく「おはようっ!」・・・

 

クラスメイトの吉井麗音奈が、「はい」「みんなからのプレゼントだよ」

 

理花が、それを開けてみると・・・

 

それは「ソラ」と名前の入った犬の首輪だった。

 

すると、あいはプレゼントの犬の首輪を微笑みながら理花の首に装着・・・

 

すべては、あいの演技と他のクラスメイトの共謀で、そこには友情の欠片もなかった。

 

つまり、4年2組で「わんこ」とは、犬のことではなく、いじめのターゲットを意味し、「ソラ」とは夏休み前に学校の屋上から飛び降り自殺した「一代目わんこ」こと、曽良野まりあ(そらのまりあ)であった・・・

 

理花はソラ(曽良野まりあ)の死後、入れ替わりように転校してきたため、そのタイミングだけでクラスの共謀で「わんこ」にされてしまったのだ・・・

 

ようこそ

 

4年2組へ・・・

 

ネタバレ前に無料試し読みをおすすめ!
リンク先で【校舎のうら】と検索!

*1巻を無料でじっくり試し読み!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている】を無料試し読み

*今スグ使える50%OFFクーポンゲットはココ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている全巻】を無料試し読み!PCもOK

 

【校舎のうらには天使が埋められている】wiki風登場人物紹介

 

1~5巻で描かれる4年2組の児童数は30名(転入生・死亡児童含む)、出席番号は男女混合であいうえお順だが、転校生の後堂 理花(うしろどう りか)のみ最後の30番、ここでは【校舎のうらには天使が埋められている】を読む上で特に重要な登場人物のキャラをネタバレします・・・

蜂屋 あい(はちや あい)

4年2組20番女子:勉強も運動も完璧にこなし、育ちの良いお嬢さんオーラを全身から放つ美少女。

この物語の中で最高の悪役、4年2組の実質的支配者であり残虐ないじめの首謀者・・・

天使のような微笑みをたたえたまま、残酷に幼虫に針を刺して殺したり、クラスメイトをいじめの対象である「わんこ」に指名する。

決して自分の手は直接汚さない知能犯で、先生の前では完璧な優等生を演じている。

彼女の悪質なイジメや殺人教唆の手口は、クラス担任を始めとして、他の教員達も最初は全く気づけなかった。

あいの「きょうなにしてあそぶ?」は、「今日はわんこをどうやっていじめるの?」という意味である。

人の心(感情)の変化を「色の変化」として見る感受性があり、人を弄(もてあそ)ぶことによって、その色が黒く変化していく様を見て楽しむ傾向がある・・・

 

後堂 理花(うしろどう りか)

4年2組30番女子:2学期になって転校してきた内気な女の子で「2代目ソラ」として4年2組の「わんこ」となってしまった。

その性格からクラスになじめず、蜂屋あいだけが優しく接してくれ、彼女のことを慕うようになった。

しかし、それはイジメのターゲットにするための蜂屋あいの罠であった・・・

彼女のキャラは地味ながらも、7巻の最終話まで登場します。

 

浜上 優(はまがみ ゆう)

4年2組21番女子:性格の優しい女の子で前髪をリボンで結んでおでこ全開のヘアースタイルが特徴的。

イケメンの波多部隼人(はたべはやと)と幼なじみで、かつては隼人のことが好きだった。

本人はいじめに対して積極的ではなく、むしろ不快に感じているが、いじめに積極的なグループとは親交関係があった。

曽良野まりあが、教室の窓越しに落下するシーンを目撃し、その直後、蜂屋あいと遭遇したので、あいが殺したのではないかと思っており、以降、あいから見張られいると感じている・・・

また、2代目「わんこ」にされた理花に同情して、いじめをやめることをクラスのみんなに提案したが、それを裏切り行為とみなされ、3代目「わんこ」にされてしまう・・・

優に対するいじめは、理花と違って*「かいぼう」と呼ばれる性的ないじめに変わっていった。

*4年2組の「かいぼう」とは服を脱がされ、体に落書きをされたり、それを写メされたりしていたずらされること。

4年2組では大変苦しい思いをするが、全7巻を通してその優しいキャラは変わらない・・・

 

木戸 桃子(きど ももこ)

4年2組担任(年齢不詳):ウェーブのあるショートヘアで一見穏やかそうに見えるが、自分の受け持つクラスのことに関しては異常ともいえるほどのプライドと信頼、愛情を持つ。

クラスの児童らを天使にたとえ、4年2組でのいじめ疑惑が浮上してもそんなことはありえないことだと聞く耳を持たない。

自分のクラスの児童たちを擁護するためには同僚と肉体関係を持ったりして手段を選ばない。

 

野呂瀬 弘(のろせ ひろし)

4年3組担任(年齢不詳):若いイケメン男性教師でクラスの児童たちからは「のろちゃん」と呼ばれ人気も高い。

4年2組の異様なまでのまとまりの良さに違和感を感じ始め、児童を観察している内に、いじめ疑惑を持つ。

そしてある日、浜上優が半裸の状態で泣き崩れている場面に遭遇し、いじめの存在を確信する。

弘自身子供の頃にいじめに遭った経験があり、当時の担任に救われたことがモチベーションになって教師の道を選んだ。

4年2組のいじめについて言及していることから、蜂屋あいにとって邪魔な存在となり彼女の策略で休職に追い込まれてしまうが・・・

 

目代 明日香(めしろ あすか)

4年3組担任代行の新米教師:野呂瀬先生の休職処分後の代行をするために赴任してきた女性教師。

真面目でおっとりしているが、クラスで嫌われている光本菜々芽の正義感の強さには一目置いており、彼女の理解者でもある。

正義感が強く前向きでいじめ事件の解決にも貢献し、最後は本採用されてあるクラスの担任となる・・・

 

曽良野 まりあ(そらの まりあ)

4年2組14番女子:初代「わんこ」にされ、クラスのいじめの対象になっていた女の子。

犬の首輪に書かれた「ソラ」という名前は、曽良野(そらの)から来ている。

漫画を描くことが趣味であった・・・

理花が転校してくる前、夏休み直前に屋上から落ち、不可解(自殺?)な亡くなり方をしたが、警察は事故として処理・・・

しかし、実は死の直前にいじめの証拠となるものをある場所に隠していた・・・

1巻の始まりの時点ですでに亡くなっているが、蜂屋あいを中心とした残酷なイジメの証拠を握る重要人物。

 

光本 菜々芽(みつもと ななめ)

4年2組25番女子:黒いロングのストレートヘアーで成績優秀・スポーツも万能な美少女だが、私立受験に失敗して現在の公立小学に通う。

母親はヒステリックな教育ママで、教師からは「面倒な親」と思われている。

物語の序盤ではクラスのいじめに対して傍観者だったが、その正義感の強さから優に対する陰湿ないじめを見るに見かねて立ち上がる。

蜂屋あいのキャラを「悪=黒」とすれば、光本菜々芽のキャラは対照的で「善=白」となるのだが、クラスの中では愛想も悪く孤立しており、暗く陰鬱なイメージから「死神」と名付けられる。

 

波多部 隼人(はたべ はやと)

4年2組19番男子:浜上優とは集合住宅の隣に住んでおり、幼なじみでお互いが好意を寄せている間柄。

浜上優がクラスのいじめのターゲットにされ、自分もターゲットにされそうになった時にいじめグループに寝返り優を裏切ってしまう。

しかし、最後には菜々芽と共にいじめグループに立ち向かうことを決意・・・

 

近藤 泉(こんどう いずみ)

4年2組10番の男子:怠惰で無表情、どこかやる気のない一匹狼タイプ。

いじめには消極的で物語後半では光本菜々芽に対して協力的になる。

曽良野まりあの飛び降りの真相を握る人物・・・

 

更田 千尋(さらだち ひろ)

4年2組12番女子。本屋の娘でで古事記に造詣が深く、言葉の表現も古典的であるが、陰湿でかなりイカれたキャラの持ち主である。

いじめに関しても積極的で、蜂屋あいのことを「姫神様(ひめのかみさま)」と呼び、カルト教団の教祖のように狂信的に慕っている。

 

関 大地(せき だいち)

4年2組13番男子:いじめに関して積極的な児童の中でもかなり残酷な性格で、躊躇なく動物を殺したりする。

蜂屋あいからは「私の王子様」と呼ばれ、うさぎ殺しの真犯人でもある。

 

中西 健太(なかにし けんた)

4年2組17番男子:小柄でとても無口な少年で拾ったものを収集するクセがある。

いじめには消極的で曽良野まりあのことを想っていた。

蜂屋あいがソラ(曽良野まりあ)のいじめの首謀者であるという証拠物件のカギを握る人物・・・

 

ネタバレ前に無料試し読みをおすすめ!
リンク先で【校舎のうら】と検索!

*1巻を無料でじっくり試し読み!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている】を無料試し読み

*今スグ使える50%OFFクーポンゲットはココ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている全巻】を無料試し読み!PCもOK

 

【校舎のうらには天使が埋められている1巻】二代目ソラ・後藤理花

 

その日から理花の「二代目ソラ」としての学校生活が始まった・・・

 

「あ―――っ ソラ!」

「こんなとこでおもらししちゃダメでしょっ」

 

「しょうがないよ犬だもん」

 

4年2組はあいちゃんの独裁国家だ

 

理花は、朝や休憩時間、放課後などの教師のいない教室では、犬の首輪を装着され四つん這いになることを強要され、ドッグフードを食べさせられたりした・・・

 

その中で優しい性格の浜上優は、いじめに対してあまり積極的になれなかった。

 

波多部隼人もその一人で、理花に与えるエサを自分で食べて「わんこ」のことをかばうそぶりを見せたが・・・

 

いじめを行っている間に教師に気づかれないように見張りをする役は、更田千尋・・・

 

担任の木戸は自分のクラスでいじめが行なわれていることに関して全く気づく様子もない。

 

その日、アリが幼虫を襲っている場面をあいが観察しているのを優が見かけた。

 

それを優も眺めていたが、突然あいが、襟元に付けていたブローチのピンを取り外して、その幼虫をブスリと刺し殺した・・・

 

「はやく 楽にしてあげたいね」

 

その晩、優は隣部屋に住む隼人に、二人の部屋を仕切る薄い壁越しに「・・・ねえ 隼人?」と話しかけた。

 

隼人はその声を聴くと、心配して優の家を訪ねてきてこう言った・・・

 

「俺くらいにはホントの心見せろよ」

 

「・・・ありがとう」

 

翌日、休憩時間になると、あいはいつものように・・・

 

「今日なにしてあそぶ?」

 

それは、「今日はどんないじめ方をしようか?」という合図だった。

 

あいは優にも同じ質問を聞いてきた・・・

 

いじめに消極的な優はなるべくおだやかにと思って、「ケイドロ」遊びを提案。

 

ドロボーがひとりで、あと全員がケーサツ、「つかまったら処刑?」

 

その案には全員が賛成・・・

 

独りで必死に逃げる理花・・・

 

野呂瀬先生は遊びにしては必死過ぎる理花の顔を見て、何か不穏な印象を受ける。

 

隠れている理花を見つけた優は、「はあ はあ」している彼女が可哀想になってお水を与えてしまう・・・

 

後ろを振り返ると、そこにはあいが微笑みながら立っていた・・・

 

その放課後、帰り支度をしていた優は自分のランドセルの中に「包み」が入れられているのに気づいた。

 

それを開いてみると、そこには昼間にあいがピンで刺し殺した幼虫が・・・

 

そこで、血の気が引いて倒れ込んでしまう優だったが、隼人が保健室まで連れて行った。

 

保健室のベッドの上で優は、後堂さんを助けてしまことやソラを殺した犯人はあいちゃんだと思うことなどを隼人に打ち明けた・・・

 

「あたしもあいちゃんに殺される」

 

「・・・逃げよう ふたりで」と隼人・・・

 

電車に乗って遊園地まで逃げてきた二人は、観覧車に乗った。

 

そこからとっても小さく見える街並みを眺めながら、隼人は急に立ち上がって優にキスをした・・・

 

「優は」

 

「俺が守るよ」

 

それを聞いて優は・・・

 

「もう平気だ 隼人がそばにいてくれるから―――」

 

三代目ソラ・浜上優:「かいぼう」とは?

 

翌日、優は勇気を出して、いじめを止めるためにクラスのみんなを説得しようと試みたが・・・

 

それはクラスへの裏切り行為とみなされた。

 

隼人も、あいによって「わんこ」の候補にあげられてしまう・・・

 

「メスのわんことオスのわんこ」

 

「どっちが楽しいと思う?」

 

 クラスの男子は、あいのこの言葉に「ぎゃははははは」と盛り上がった・・・

 

「おお―――っ オスって史上初だな!」

 

「フルチンで散歩とかやばくね?」

 

「ぶるんぶるん!!」

 

すると、 隼人は優に近づいて・・・

 

「ごめん」

 

「え?」

 

優の服をビリっと引き裂いて・・・

 

「俺『あっちがわ』には絶対行きたくない・・・」

 

隼人は優を裏切った・・・

 

その瞬間から優は「三代目ソラ」としていじめのターゲットに・・・

 

一方、「二代目ソラ」だった理花の様子は急に明るくなった・・・

 

優に対するいじめは、理花に対するそれとは違っていた。

 

優は服を脱がされて局部をみんなの前で露わにされたり、体に落書きを書かれ写メを撮られる「かいぼう」=「性的ないじめ」を受けていたのだ・・・

 

以前から4年2組のいじめを疑っていた4年3組担任の野呂瀬 弘は、ある日、トイレで半裸状態になって泣き崩れている優を見つける。

 

「もうダメ あたし 死ぬ」と、屋上から飛び降りようする優・・・

 

それを阻止した野呂瀬は、自分の上着を優にかけて「つらかったな」と言って抱擁する。

 

「僕がかつて先生に救われたように」

 

「今度は僕が 救うんだ」

 

しかし、そこには「ある罠」が仕掛けられていたことに野呂瀬は全く気づいていなかった・・・

 

完全無料の試し読みをおすすめ!
リンク先で【校舎のうら】と検索!

*1巻を無料でじっくり試し読み!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている】を無料試し読み

*今スグ使える50%OFFクーポンゲットはココ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【校舎のうらには天使が埋められている全巻】を無料試し読み!PCもOK

 

関連記事

【校舎のうらには天使が埋められている2-3巻】ネタバレ結末とあらすじ(小山鹿梨子)

2016.10.09

【校舎のうらには天使が埋められている4-5巻】ネタバレ結末!近藤泉とソラ

2016.10.09

【校舎のうらには天使が埋められている最終回】ネタバレ結末と続編は?

2016.10.11

 

超おすすめ作品

【宇宙を駆けるよだか全3巻】最終回ネタバレ結末!あらすじ感想!無料漫画試し読み

2016.09.26

今なら原作漫画のアニメや新作映画の見放題(アダルトも!)が31日間無料!今なら登録するだけで600ポイント貰えて好きなコミックも無料で読める!さらに人気雑誌70誌以上が読み放題!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓