【ムダ夫~死んでほしい男】ネタバレ結末!無料試し読み(まるいぴよこ)

ムダ夫~死んでほしい男~

こんにちは 😀 

今回ご紹介するのは、まるいぴよこ先生の「ストーリーな女たち」シリーズ『ムダ夫~死んでほしい男~』です!

「ストーリーな女たち」の作品は、ほとんどの場合、女性が物語の中心人物になっていますが今回は・・・

  • ムダ夫~死んでほしい男~
  • ご主人さま
  • 鉄オタ夫
  • 長い長い離活
  • 咲けない蕾

全5話の主人公は、妻の長年の怒り爆発&三下り半を叩きつけられる・・・

浪費癖、モラハラ、オタクなど、バラエティーに富んだ「ムダ夫」達です。

実話ベースだけに、女と男の両側から見てもかな~りヤバイお話しですよ・・・

 

以下ネタバレ満載なので先ずは無料試し読みをおすすめ!

*リンク先で【ムダ夫】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ムダ夫~死んでほしい男~】を無料で試し読み!

 

【ムダ夫~死んでほしい男~】登場人物とあらすじ

 

第1話『ムダ夫~死んでほしいおとこ』の主な登場人物は・・・

 

小6と小4の子持ち主婦の安田由利(やすだゆり)(41歳)と中堅会社の会社員、夫・秀明(ひであき)(44歳)の中年夫婦です。

 

夕方、夫の秀明が仕事を終えて帰宅・・・

 

「ただいま」

 

「おかえりなさい」

 

どこにでもある家庭の光景・・・

 

夫・秀明の右手には「家電量販店の紙袋」がぶら下がっていた・・・

 

由利は、すぐさまそれに気づくと、

 

「また何か買ったの?!」

 

「新型タブレット型PC」だよ・・・

 

この前もノートパソコンを買ってロクに使ってもいない秀明に対して、由利はムダ遣いをやめるように言いつけるが・・・

 

秀明は、自分が稼いだ金を自分の好きなように使って何が悪い!と逆切れするのだった。

 

夫のムダ遣い・・・

 

それが、由利の悩み。

 

結婚当初から、夫の給料は、夫が管理し、妻の由利は夫から毎月、食費などの生活費を貰って専業主婦として家計をやりくりしていたが・・・

 

秀明のお金の使い方を見て、少々不安を感じていた・・・

 

由利が妊娠した時も、

 

夫は「子供かあ・・・」

 

「子供っていろいろ金がかかるだろ・・・」

 

・・・と溜息をつきます。

 

「出産費用」や子供の「教育資金」のために、これからはできるだけ節約して貯金しようよと由利は提案したが・・・

 

いざ子供が生まれると、「最新のデジカメ」を子供のビデオ撮りのためにと買って、相変わらずの最新モノ好きで、お金の浪費。

 

二人でできるだけ貯金しようと約束したにもかかわらず、いつも秀明は生返事ばかり・・・

 

その態度は、ふたり目の子が生まれても変わりませんでした。

 

このような日々が続いていたが・・・

 

ある日、他県の実家でひとり暮らしをしていた姑が脳梗塞で倒れた。

 

姑にはその後遺症で麻痺が残る可能性があり、介護が必要となった。

 

長男である、秀明は母親への今までに援助してもらった恩返しもあって、姑の介護を由利にお願いした・・・

 

秀明は、実に、結婚式、出産代、幼稚園入園金などすべてを母親から援助してもらっていたのだ。

 

そして、母親の病気を機会に、「ダメ夫」秀明の奈落のストーリーが始まる・・・

 

まだまだネタバレ!先ずは無料試し読みをおすすめ!

*リンク先で【ムダ夫】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ムダ夫~死んでほしい男~】を無料で試し読み!

 

【ムダ夫~死んでほしい男~】ネタバレ結末

 

由利は、姑の介護を承諾する代わりにムダ遣いをやめるように秀明に約束させた。

 

二人の子供を抱えながら育児と介護を両立させるのは大変なことだった。

 

一生懸命頑張っていた、由利だったが、姑からある日、「ムダ遣いしないで節約しなさい」と説教されてしまった・・・

 

夫は、姑にどんな風に由利の話をしているのか?

 

姑の預金通帳は、夫が管理し、介護費用を由利がもらうようになっていたが、夫の腕には見たこともない腕時計・・・

 

お金にだらしなく、介護も自分に全部丸投げしてくる、秀明に失望する由利だったが、2年後には姑も亡くなります。

 

その後、兄弟での遺産分割は、介護や葬式の手配なども考慮して、秀明の方に多めに相続されるように話がついた。

 

そして・・・

 

秀明は、その遺産を頭金にして、家をローンで買うことに・・・

 

子供たちは新築の家で自分の部屋も与えてもらい大喜び。

 

一方、由利は、ローンの支払いや教育費のことを考え、一抹の不安が頭の中をよぎっていた・・・

 

そのお金に対する不安を解消するために、由利は自分も働きに出ることを提案する。

 

それに対して、秀明は、扶養内(年収百3万円以内のパート)で働くのであればOKだと言う。

 

その後、由利は近所のスーパーで働き、できるだけ子供のために貯金しようと頑張っていたが・・・

 

秀明は、いろいろ物入りがあって、今月の生活費を由利のパートの給料から出してもらえないかと言ってきたのだ・・・

 

また、ムダ遣い・・・

 

文句を言えば、逆切れする夫・・・

 

その後、由利はパートの仲間からある提案をされる。

 

それは・・・

 

扶養内を出て、正社員登用すること!

 

そんな中・・・

 

秀明は・・・

 

今度はボーナスを頭金にして新車を買うと言い始めた。

 

由利が反対しても、「うるさい」と、まったく聞く耳を持たない秀明・・・

 

そしてボーナスの日・・・

 

秀明は、ボーナスを頭金を入れ新車を買った・・・

 

「これからは生活費は全部お前が出せ」と由利に言いつける秀明・・・

 

さすがの、由利もここで、堪忍袋の緒が・・・

 

すかさず、エプロンのポケットに用意していた「三下り半」を・・・

 

果たしてこの結末は?

 

まだまだネタバレ満載!先ずは無料試し読みをおすすめ!

*リンク先で【ムダ夫】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ムダ夫~死んでほしい男~】を無料で試し読み!

 

【ご主人さま】あらすじとネタバレ結末

 

5歳の娘のいる専業主婦の小川律子(おがわりつこ)(37歳)の夫である大手企業会社員の俊明(としあき)は・・・

 

「ゴミ出し」をしたり、園の行事にもよく参加する「いいダンナさん」として、近所の人たちからも評判が良かった。

 

ある日、幼稚園へ子供を迎えに行った帰り、律子は、

 

ママさん仲間から「ファミレスへ一緒に行かない?」と誘われるが・・・

 

「ごめんなさい・・・主人が嫌がるので・・・」とツレない返事。

 

はたからは、優しい夫と言われてるが、家出の夫は律子を服従させる絶対的なご主人さまだった・・・

 

お金は全部、夫の俊明が管理していて、律子のお金の使い道もすべて報告しなければならない。

 

夫は、主婦同士のつきあいを嫌うので、誘われても断るしかない律子だった・・・

 

外出も夫の許可がいり、携帯も持たせてもらえない、もし逆らえば夫は激怒する。

 

この家では、律子の自由はなかった・・・

 

結婚前の俊明は優しくて思いやりがあり、結婚をしてみれば、

 

夫は、世間体を気にして外面がいいだけで、いい夫を演じているだけ・・・

 

娘が生まれた時も、「なんだ女か、ムダだったな」と一言・・・

 

俊明は、女を見下していて、妻は夫に従って当然だと思っていた。

 

律子は、そんな夫のせいで、料理、風呂の湯加減、片付けなどに、

どうか今日は不機嫌でありませんように・・・

・・・と夫の機嫌を伺いながらドキドキ、ハアハアしていた。

 

たまに、夫が早く家に帰ってきた日にも律子は、

 

「おまえは主婦失格だ 役立たずが!!」と俊明から罵声を浴びせられた。

 

そんな俊明に律子も娘もおびえる毎日・・・

 

中でも怖いのは夫の理由の分からない怒りで、律子は理不尽でも謝るしかなかった。

 

逆らったり、何かいえば、夫は余計に怒る・・・

 

実家の母に相談しても、彼女は優しい夫だと信じ切っている・・・

 

そんな中、夫の父が心筋梗塞で亡くなります。

 

生前の義父も亭主関白で、義母は夫に黙って従っていました。

 

葬式の日の片付けをしながら、いずれは、義母とも同居するようになることを考え、さらに気が重くなる律子だった・・・

 

その時、律子は片付けの合間に独身でひとり暮らしをしている義姉とお茶を飲む機会を持ちます。

 

そこで、律子は俊明とうまくいっていないことについて相談します。

 

義姉も亭主関白な父とそれに服従する母の下、律子と同じ様な状況で育ち、それが嫌になって家を出て行ったことを話します。

 

そんな俊明も父のことを嫌っていたのが、いつしか父の様になってしまったことも・・・

 

義姉は、俊明のしていることは「モラハラ」(精神的暴力)だと言います。

 

このように義姉は律子にとってとても協力的だった。

 

そして、そのまま子供を連れて実家に帰った律子だった・・・

 

その後、律子は、モラハラによるストレスが原因でうつ症状や胃潰瘍になったと、医師から「診断書」をもらいました。

 

そして、両親の立会いの下、離婚の手続きを取るようにと律子の父が俊明に電話しました。

 

すると、俊明はすぐに律子の実家にやってきて・・・

「申し訳ありません」

「モラハラの治療も受けます」

「お金も律子さんに任せます」

「どうか・・・やり直してください・・・」

・・・と土下座します。

 

それを見た、律子は「もう一度信じてみよう」と思うのだが・・・・

 

果たして律子と俊明の結末は?

 

先ずは無料試し読みをおすすめ!

*リンク先で【ムダ夫】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ムダ夫~死んでほしい男~】を無料で試し読み!

 

【鉄オタ男】ネタバレあらすじ

 

田中久美(たなかくみ)(32歳)の夫・健二(けんじ)(35歳)は大の鉄オタ(鉄道オタク)で、久美は結婚以来、夫の趣味に悩んでいました・・・

 

久美は、知人の紹介で健二と知り合い、勤務先も給料も悪くなく、次男で義父母との同居もないという好条件で結婚を決めました。

 

自分が鉄オタであることを健二は、結婚前から話してましたが、その時はそんなことを久美は気にも留めてませんでした・・・

 

しかし、それが結婚生活を想いもしない方向へ向かわせていった・・・

 

【長い長い離活】ネタバレあらすじ

 

横田由里子(よこたゆりこ)(47歳)は、夫・一也と結婚して24年が過ぎていた・・・

 

結婚は夫の方から申し込まれて、由里子は、一也を優しい人と思って結婚を決めたのだが、問題は夫の浮気・・・

 

しかも、浮気が発覚して、由里子が一也を問いただしても、「たかが遊びだ 騒ぐなみっともない」と逆切れされる。

 

姑も、「こんな女腹の嫁 離婚してほかの人と再婚しなさいよ」と、由里子に最悪なことを言う・・・

 

小さな子を抱え、さらに妊娠中で、両親も亡く帰る実家もない由里子は、これからどうしたらよいのか路頭に迷うが、

 

そのくさしさのあまり、ある決心をする。

 

それは、長年にわたる「離活」・・・

 

その長期戦の勝敗はいかに!

 

【咲かない蕾】ネタバレあらすじ

 

この物語は、開業医のお嬢さんだった百合花さんの政略結婚についての悲しい、悲しい物語です。

 

彼女の箱入り娘としての育ちの良さからくる、純粋で無垢な性格がアダとなって、新婚初夜から夫婦生活(性生活)に歪ができてしまいます。

 

そして、その歪が傷口となってだんだん広がっていきます・・・

 

蕾とは花が咲いてこそ美しくなるものですが・・・

 

ヒロイン・百合花の「咲かない蕾」の意味とは?

 

【ムダ夫~死んでほしい男~】の感想

 

いや~あ、『ムダ夫~死んでほしい男~』全5話、リアルに悲惨の一言でした・・・

 

現実は、非常に厳しいですね・・・

 

結婚とは決して憩いの「オアシス」ではなく、ある意味「戦場」なんですね・・・

 

そうならないためにも、結婚する前は両目を開けてしっかり相手を見なければいけませんね、相手の家柄や収入だけでなく・・・

 

そして、結婚後は片目をつぶらなきゃやってられませんよね(笑)・・・

 

今回、5話の中でさまざまなタイプの「ムダ夫」「モラハラ夫」「DV夫」が出てきましたが、問題となる夫のタイプは三つに大別できるのではないかと思います。

 

ひとつは、「大人になり切れない幼稚なタイプ」で、

 

もう一つは、「相手に対する支配欲が異常に強いタイプ」

 

最後に「相手に対するリスペクトが大きく欠けるタイプ」ですかね・・・

 

本来、完璧な夫など、いないのだとは思いますが、どんな状況でも相手に対する「リスペクト」は持った方がいいですよね・・・

 

まるいぴよこ先生の『ムダ夫~死んでほしい男~』、全5話おすすめの作品です。

 

完全無料の試し読みをおすすめ!

*リンク先で【ムダ夫】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【ムダ夫~死んでほしい男~】を無料で試し読み!

 

【おすすめ関連作品】

【最下層キャバ嬢】ネタバレ結末【本当のワタシ】あらすじと感想!無料漫画試し読み

2016.10.02

【貧困の家】ネタバレ結末!あらすじ感想!無料漫画試し読み(なかのゆみ)

2016.09.09

【老いた卵子】妊娠適齢期のネタバレ結末!無料漫画(まるいぴよこ)

2016.08.10

今なら原作漫画のアニメや新作映画の見放題(アダルトも!)が31日間無料!今なら登録するだけで600ポイント貰えて好きなコミックも無料で読める!さらに人気雑誌70誌以上が読み放題!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓