SNS地獄【漫画】ネタバレ!キラキラ虚構女子の激ヤバ結末!無料試し読み

SNS地獄

こんにちは!

今回は、高村しづ作画、とらふぐ原作の「鬼女DX」新刊『SNS地獄』のネタバレとあらすじ感想のご紹介です!

ごく普通の派遣女子社員がハマったSNS虚構の罠!見せかけリア充が地獄への扉を開いた恐怖の物語・・・

 

先ずは無料の試し読をおすすめ!

*リンク先で【SNS地獄】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【SNS地獄】を無料試し読み

 

漫画【SNS地獄】のあらすじ

 

ヒロインのユミは憧れの東京を夢見て、地方大学を卒業後に上京したが…

 

希望した就職先は全滅…

 

現実は、派遣社員として誰にでもできるつまらない仕事の毎日だった。

 

お茶くみとコピー取りの雑務がメインで一日が終わってしまう。

 

本来の自分はもっとキラキラしているはず!

 

そんな中、自宅に帰ってポストを見ると、そこには同窓会の招待状。

 

久しぶりに大学時代の友達に会ってみようと参加することに…

 

同窓会の会場で声をかけてきたのは英子

 

和美も一緒だ。

 

大学時代あんなに地味な二人だったのに…

 

なんでこんなに美人になってるの?

 

話を聞けば、英子は結婚して育児に専念中、和美はデザイン事務所を立ち上げ社長になっていた。

 

ユミは自分のことを聞かれた時、キャリアウーマンだといってお茶を濁した…

 

英子と和美はユミにインスタを一緒にやって、これから近況報告し合うように誘ってきた。

 

この日を境に、ユミの日常の歯車は狂い始めていく・・・

 

*初回半額!月課金なし!クーポンガチャで毎日割引!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【SNS地獄】Booklive

 

漫画【SNS地獄】のネタバレと結末

 

SNSとスマホ

 

焚きつけられたユミのSNS高揚感

 

仕事中、ユミのスマホがブブブブと鳴る!

 

チェックしてみると英子の撮った写真がアップされていた。

 

そこには子どもの写真や旦那と二人で行ったカフェの写真などが・・・

 

「自慢ネタばかり!」

 

それを見たユミはスマホをギュッと握りしめ、メラメラとジェラシーを燃やした!

 

「負けたくない、絶対に・・・」

 

その日ユミは、ちょっとだけならいいよねと…

 

会社の同僚の買ったブランドバッグを拝借して写真を撮り、それをインスタにアップした。

 

早速、栄子と和美からメッセージが・・・

 

二人とも羨ましがっている。

 

知らない人たちからもたくさんのコメントが!!

 

ユミは、高揚感に浸った・・・

 

お昼になると同僚が弁当を一緒に食べようと誘ってきたが、その日ユミはおしゃれなカフェでお昼を取った。

 

そこのランチもインスタにアップ!

おしゃれなカフェのランチ

 

しばらくすると、「いいね!」「おしゃれ!」などコメントの嵐・・・

 

ユミは再び高揚感に酔いしれる・・・

 

すると・・・

 

英子から「そのお店、前に家族で行ったことがあるよ」というコメントが届くが…

 

それを見たユミは、まるで英子が「私が先客なのよ!」とでも言ってるようコメントにムカついた。

 

ユミに虚栄心に拍車がかかった!

 

その後、ユミは質屋に行ってお金になりそうなものを売り、2万円に換金。

 

五つ星レストランのディナーへと向かった。

 

A5ランクの高級ステーキ・・・

五つ星レストランのステーキ

 

早速、「行きつけの五つ星レストランで今日も夕食」というタイトルでインスタにアップ!

 

ユミは再び寄せられるたくさんのコメントを見て、これが私の本当の世界だと錯覚していった。

 

SNS借金地獄

 

次に向かった先は消費者金融・・・

 

先行投資という意味不明の名目で借金をして、高級バッグを購入。

 

インスタにアップして用済みになると質屋に持っていき換金した。

 

新品を売っても6掛けにしかならず、ユミは借金は雪だるま式に増えていく・・・

 

質屋の帰りに英子と和美からのメッセージが届く…

 

英子は来週、家族でハワイ行き、和美はデザインコンペで入賞したというものだった。

 

ユミは嫉妬心に燃えた!

 

会社では最近スマホばかりを見ていると評判になってきたユミ・・・

 

一方のユミはスマホの画面を見てフォロワーが1500人突破したと高揚している。

 

「理想の私にどんどん近づいている!!」

 

もっと「いいね!」が欲しい・・・

 

SNSの虚構に憑りつかれたユミはどんどんエスカレートしていった。

 

今度は高級ホテルのパーティーにもぐり込んでパシャパシャ自撮り…

 

ワイングラス片手にセレブ気取りのユミ…

 

SNSニセ彼氏と恐怖の結末は?

 

ホテルの駐車場に行ってポルシェと一緒に自撮りしてインスタにアップ!!

 

「彼の外車に乗って送ってもらいます!」

 

完全に嘘と現実の境界線が壊れてしまっている。

 

自宅に帰ればゴミの山、督促状や家賃滞納の知らせ…電気も止められてローソクの生活。

 

ユミのインスタに寄せられてくるコメントの中には、そのセレブっぷりを疑う者も出てきた。

 

そんなコメントを見てもユミはタダの妬みとしか思わなかった。

 

「みんな私が羨ましいのね…」ユミにはその羨望のまなざし心地よかった・・・

 

SNSで演出してきた虚構と家賃も払えない現実との区別は、家の電気とともに消えていったのか?

 

ある日、ユミが電車に乗っての通勤途中…

 

シートでぐっすり眠っているイケメンを発見した!

 

そこでひらめいたユミは、爆睡中のイケメンの側に座って一緒に自撮り・・・

いいね!1036件

YUMIASAKURA@ 彼、爆睡中です!

 

会社の昼休み、カフェでランチの写真を撮ろうとしていると…

 

ユミは店で置き引き男に遭遇する。

 

しかし、バッグの中身を調べても財布も何も盗まれてはいなかった!?

 

警察に届けると、怨恨関係の心当たりはないかと聴かれるが、

 

SNSに没頭しているユミには、その対象が多すぎて分からなかった・・・

 

ユミが街をブラブラしている時でも…

 

オタク風の男たちから「キラキラ女子の代名詞・ユミさん」と握手を求められることもあった。

 

SNSにアップした写真でユミの位置情報はバレバレだった…

 

また、ユミには外食するお金もなかった、派遣契約も今月で終わる…

 

そんな途方に暮れての帰り道、

 

ユミは、自分の身が重大な危険にされていることにまだ気づいていなかった・・・

 

 

漫画【SNS地獄】の感想

 

SNSで理想(虚構)の私になりすまし・・・

 

スマホが普及した現在、SNSは手軽に情報発信できる便利なツールとなりましたが…

 

ここで気を付けないといけないのが過剰な個人情報の公開ですよね。

 

ユミの場合は「セレブになりすまし」の虚構SNSでしたが…調子に乗りすぎで最後は犯罪に巻き込まれてしまいました。

 

このように、SNSは便利な反面、ネットいじめの標的されたり、性犯罪者に目をつけられたりで被害に遭う危険性も高めるので注意しなければいけませんね。

 

漫画『SNS地獄』は、ごく普通の人間でもハマってしまう虚構の罠が上手く描かれた作品です!!

 

➡【SNS地獄】初回半額!Booklive

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
スポンサーリンク

スポンサーリンク