【幽麗塔9巻最終回】ネタバレ結末!テツオの正体とは?

幽麗塔ネタバレ

こんにちは 😀 

幽麗塔はどんどん読み進めれば進めるほどそのストーリーに引き込まれていきます。

最初はホラーっぽい展開かと思いましたが、意外にも個々の登場人物のキャラや悩みの部分が大きい作品でした・・・

 

以下ネタバレが含まれますので、先ずは無料立ち読みをおすすめします!

*検索窓で「ゆうれいとう」と入れて検索してくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

➡幽麗塔を無料でじっくり立ち読み

 

幽麗塔ネタバレあらすじ

その後、天野が家に帰ってみると下宿先は何者かの放火によって全焼していた・・・

住む場所を失っって金もない天野は、テツオの家にしばらく居候することになった。

 

天野はある日、神戸通信に務める初恋のマドンナ花園恵に、テツオから聞いた幽麗塔に隠されているカラクリや財宝についてうっかり話してしまう。

彼女にその話をしたのがきっかけとなって、恵が時計塔へ取材に行ってしまい、何者かに同じ手口で殺されてしまう・・・

それを知った天野は、恵の仇を取るためテツオとともに時計塔の謎を解く決意をするのであった。

 

そして、恵を殺した覆面の犯人を、自分を襲った犯人と同一人物だと断定し、「死番虫」(英名:デス・ウォッチ)と名付けた。

ある日、天野はテツオの部屋の天井裏で、花園恵を殺した時に使ったと思われるマスクとナイフを見つけてしまう。

時計塔を動かせることができるテツオが実は犯人ではないのかと疑うのだが・・・

 

丸部道九郎

テツオは、時計塔の謎を解くために、新しい所有者である検事、丸部道九郎に近づくが、丸部はその検事としての高い能力とは裏腹に人格的には、かなりねじ曲がった人物であった。

そして、丸部はこの時計塔で起こった殺人事件を担当していた・・・

 

丸部は犯人を被害者の養女の藤宮麗子と断定していたにもかかわらず、神戸港で発見された自殺死体が実は別人だったのではと考えていた・・・

麗子の一枚しかない写真を得るために、写真の持ち主である失踪中の麗子の婚約者を探すが、その途中で様々な事件が引き起こされる。

 

テツオの正体とは

やっとの思いで麗子の婚約者を見つけ出したが、そこで死番虫が現れ、婚約者はテツオを守るために殺されてしまう。

天野とテツオはその場を逃げ切ったが、テツオが実は女性であることを知る・・・

そして、テツオは自分は死んだはずの藤宮麗子であり、さらに性同一性障害であることも打ち明けた・・・

 

ネタバレ満載なので、先ずは無料立ち読みをおすすめします!

*検索窓で「ゆうれいとう」と入れて検索してくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡幽麗塔を無料でじっくり立ち読み 

 

ここから、この物語は単なるミステリーから新たな次元へと進んでいきます。

 

幽麗塔のネタバレ目次

【幽麗塔】ネタバレあらすじと無料試し読み

【幽麗塔9巻最終回】ネタバレ結末、死番虫の正体

【幽麗塔9巻最終回】ネタバレ結末まとめと感想

 

先ずはじっくり無料立ち読みをおすすめします!

*検索窓で「ゆうれいとう」と入れて検索してくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

➡幽麗塔を無料でじっくり立ち読み