【大奥の秘事作法】漫画のネタバレ股裂き結末と無料試し読み(川崎三枝子)

大奥の秘事作法-まんがグリム童話

こんにちは!

今回は川崎三枝子先生のまんがグリム童話シリーズ『大奥の秘事作法』をご紹介します!

この作品は、将軍に夜伽(よとぎ)を命じられ幼馴染を間近で監視する大奥の性事情、愛人に家族をまるごと奪われた正妻の狂気の復讐劇、貧しい村での淫らな夜這いの実態とその悲劇、明治維新を支えた女傑の伝記などの歴史的逸話、全4話を収録・・・

  • お振とお駒:実在人物伝「お振の方」
  • 呂后~復讐の王妃~:実在人物伝「呂后」
  • 夜這い村:日本の風習「夜這い」
  • 高場乱~革命を支えた女傑~:実在人物伝「高場乱」

 

先ずは無料の試し読みをおすすめ!
リンク先で【おおおくのひじ】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【大奥の秘事作法】を無料試し読み

★今すぐ使える50%OFFクーポンゲット(BookLive)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【大奥の秘事作法】を無料試し読み!PCもOK

 

大奥の秘事作法のあらすじ

 

公開処刑

 

江戸時代において、残虐極まる公開処刑は犯罪の予防策として頻繁に行われていた・・・

 

有名なものでは、「(はりつけ)」や「火あぶり」の刑などがあったが、それでも罪を犯そうとするものは後を絶たなかったと言われている。

 

それは大奥においても同様なことで、罪を犯した者は公開処刑にさらされる運命にあった。

 

徳川4代将軍家綱の時代の大奥を生きたの「お駒」と「お振」愛憎の惨劇もその一つである・・・

 

お駒とお振

 

当時、「飛鳥井(あすかい)」と「矢島局(やじまのつぼね)」の二人は勢力拡大のため、小間使いでもある侍女(じゅじょ)を将軍の側室に据えようとしていたが、それは彼女たちにつく侍女たちの望みでもあった・・・

 

その中には、京の良家から矢島局にやってきたお駒(おこま)という美しく自信に満ちた侍女がいて、周りからも「お駒様、素敵です、美しいですわぁ~」とちやほやされていた。

 

また、大奥にはお駒の幼なじみのお振(おふり)という侍女がいて、天女の様な美貌を持っていたが、ひどく内気な性格で気の知れたお駒にしか心を開くことはなかった。

 

ある日、お駒は「ちょっとお振にも見せてくるわ」と新しい着物を着てお振の部屋へと行った。

 

「まぁ素敵なお着物、お駒ちゃんによく似合うわ!」

 

「そうでしょ!」とお駒は自信ありげに答えた。

 

お駒とお振の二人は小さい頃は一緒によく遊んていたが、お振が近江に移ってからは離れ離れになっていたが・・・

 

二人はこの大奥で再会を果たしたのだった。

 

お振は、飛鳥井様の侍女で、将軍様の側近になるようにと考えられていたが、その内気な性格が心配されていた・・・

 

リンク先で【おおおくのひじ】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【大奥の秘事作法】を無料試し読み

★今すぐ使える50%OFFクーポンゲット(BookLive)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【大奥の秘事作法】を無料試し読み!PCもOK

 

大奥の秘事作法のネタバレ結末は?

 

上様の奥泊まり

 

お駒とお振は昔話に花を咲かせた・・・

 

お振はお駒が昔やっていた、おもしろいブタのものまね芸のことを思い出して話した。

 

お駒の方は、お振といる時が本当に楽しく、殺伐とした大奥の中で唯一安らぐことができた。

 

数日後、上様(徳川家綱)が大奥へ奥泊まりする(指名の侍女と一夜を過ごす)ことになった・・・

 

それは侍女の使命争いの日を意味し、お駒はしっかり準備するように矢島局に命令された。

 

「上様のお渡りーっ!!」

 

侍女一同が、一斉に頭を下げる・・・・

 

上様は、早速お駒が頭に付けている一輪の花に目をつけて、

 

「よい匂いじゃ!花か?」

 

「面をあげよ」

 

「きた!ついにきたわ!!お声がかかった」

 

すると・・・

 

お振が立ち上り、横からそっと上様の手前まで出てきた。

 

「え・・・・・」っと状況が理解できないお駒!

 

そして、お振は上様の右胸を「ポン!」と叩く?

 

上様もお振が何をしているのか分からない・・・

 

すると、お振は・・・

 

「蜂でございます、お駒が髪に付けている花から上様のお胸に・・・」

 

「もし将軍様のお肌を刺したらと…思わず飛び出してしまいました」

 

「申し訳ございません。」

 

上様は、一瞬にしてお振の美しさの虜になってしまった・・・

 

「そちの名はなんと申す?」

 

周囲の者は「お振様に上様のお声がかかった」と騒然となった!

 

「お振でございます」

 

伽を命じられるお振

 

当時では将軍が女の名を問うとそれが(とぎ=寝床ではべる相手)を命じるという合図であった・・・

 

命じられた女はただちに部屋が用意されて上様と性交をする準備に入っていく。

 

そんなお振を見て、お駒はまったく納得がいかなかった・・・

 

お振が蜂を退治したのは、上様の気を引くためだったのか?

 

「伽を務めるのはこの私だったのに!!」

 

褥番を指名されるお駒?

 

褥番(しとねばん)とは、上様が伽を指名した侍女の性交を一晩中見守るお役のことである。

 

お振はその役にお駒を指名したのだ・・・

 

「褥番って…ふ…ふたりが抱き合ってる様子を見ていろと…?」

 

お振はお務めを恐れており、幼馴染のお駒だったら安心できるからとのことである。

 

断固として褥番を断るお駒だったが・・・

 

内気で男嫌いなお振では上様は飽き足らないかも知れないので、それはある意味自分を売る良いチャンスかも知れないと…思い切ってお駒はその役を引き受けることにした。

 

伽の夜に

 

案の定、お振は上様に抱かれるのを恐れて、グズグズ泣いていた・・・

 

「どうした泣いておるのか?」

 

「申し訳ございません…」

 

「怖いのか?」

 

「はい…」

 

上様はそんなお振を見て、持て余すどころか・・・

 

「おおなんと初々しい…たまらん」

 

と大興奮するのであった・・・

 

「ああっ!! 上様!!」

 

上様は、恐がるお振の体を興奮した獣のようにむさぼり続け、結局、お駒には目もくれなかった・・・

 

「お駒ちゃんがいてくれてよかった、ありがとう」

 

その後、お振は将軍の正式な側室となって寵愛を一心に受ける身となった・・・

 

すべてはお振の罠だった?

 

将軍の側室になってもお振の内気さには変わりがなかったが、大奥では、奥泊まりの前日、お振は不審な動きをしており、退治した蜂は最初からお振の手の中に忍ばせてあったのではないか?という噂がお駒の耳に入ってきた。

 

一方、お振の方は懐妊し、もし男の子であったら絶大な権力をもってしまうことになった!

 

懐妊祝いを兼ねて観桜会が催されることになって、お駒も参加することに・・・

 

その時お振は、退屈そうにしている上様のために、あのブタのものまね踊りをしてくれるようにお駒に頼んだ。

 

「やってみせよ!」と上様から命令され、断ることもできないお駒・・・

 

お駒はしぶしぶブタのものまねを始めたが、途中で足を滑らせて池の中に真っ逆さまに落ちてしまう!!

 

上様の前で笑いものにされ、これ以上の屈辱はないと怒りに震えるお駒・・・

 

側室にもなれず、お振の僕(しもべ)のようになってしまったお駒を矢島局は叱りあげた。

 

おまけにお駒の家は財政難に陥っており、早くお駒が側室なれるように懇願する手紙を矢島局に出していた。

 

お振に小細工をされたためにそのチャンスを逃してしまったお駒・・・

 

「あんな女いなくなればいい!!」とお振に対する憎しみが絶え間なく込み上げてくる。

 

そして、遂にお駒はお振に毒を盛ることを計画する・・・

 

懐妊祝いとして特別に作らせたお菓子に南蛮渡来の毒を盛って、お振に食べさせようとするお駒!

 

「まあ なんておいしそうな」

 

「この場でひと口召し上がって…」

 

やがてお振は高熱を出して病床に伏した。

 

医者も2~3日が峠だと・・・

 

「死ね!! 死ね!!」と願うお駒…今度こそ自分が側室に!!

 

しかし、事態は思わぬ方向に・・・

 

お駒が気づいた時には、すべてはお振の計画通りに進んでいたのだった!

 

お駒が残酷な公開処刑にさらされてしまう最悪の結末へと・・・・?

 

大奥の秘事作法の感想と股裂きの刑

 

牛裂きの刑

牛裂きの刑《wikipediaより引用》

 

ドロドロとした嫉妬心や愛憎が渦巻く大奥の世界・・・

 

幼馴染で仲の良かったお駒とお振もその例外ではありませんでした。

 

シャイで男嫌いだと言われたお振が仕掛けた2重3重もの罠に嵌ったお駒・・・

 

実際は毒殺ではなかった!?

 

しかし、お駒は毒殺の罪で極刑・股裂きの刑(牛裂きの刑)に・・・

 

この処刑方法はヨーロッパでも牛や馬を使って行われ、特に女性の場合は全裸の状態で行なわれていたそうです。

 

それには見物人を大いに刺激するという目的があったみたいですが、江戸時代とはいえ日本でもヨーロッパ暗黒時代並みにガチでグロな公開処刑があったことには驚きです・・・!

 

まんがグリム童話【大奥の秘事作法】は、この様なシーンも多いのでグロ耐性の無い方は要注意!!

 

リンク先で【おおおくのひじ】と検索!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【大奥の秘事作法】を無料試し読み

★今すぐ使える50%OFFクーポンゲット(BookLive)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【大奥の秘事作法】を無料試し読み!PCもOK

 

川崎三枝子人気作品

【同居地獄 嫁vs姑】ネタバレ結末!あらすじ感想!無料試し読み

2017.03.05

【離婚させて!!】ネタバレ結末!農家の壮絶嫁いじめ!無料試し読み(川崎三枝子)

2017.03.03

【嫁なぶり~女の虐待哀史】ネタバレ結末と無料漫画試し読み(川崎三枝子)

2017.02.21

【悪魔の処方箋】ネタバレ結末!家政婦-市川春子は接着剤で報復?無料試し読み

2017.02.17

【惨劇の家-嫁vs姑vsエロ舅】ネタバレ結末!あらすじ感想!無料漫画試し読み

2016.12.13
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
[ComicFesta]【AC】実は今入ってます…。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレが…っ_7.8話[ウェイブ].ver2.3.2