【食糧人類2巻8-9話】ネタバレ結末!無料漫画試し読みはzip/rarよりここ

食糧人類2巻

こんにちは!

藏石ユウ原作、イナベカズ作画の超大ヒット作第2弾、『食糧人類2巻』が3月17日から配信開始!!

伊江とカズ、ナツネ、山引の4人は人間を捕食する巨大カマキリの化け物に襲われ、危機一髪のところを天井裏に隠れ住む中年男に助けられる。その男の正体とは?

 

食糧人類2巻1話(第6話)のネタバレ

【食糧人類2巻6-7話】ネタバレと結末は?発売日に無料漫画試し読み

2017.03.15

 

先ずは無料の試し読みをおすすめ!
3月17日配信開始!リンク先で【食糧人類】と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【食糧人類2】を無料試し読み!

★今すぐ使える50%OFFクーポンゲット(BookLive)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【食糧人類2】を無料試し読み!PCもOK

 

【食糧人類2巻8-9話】のあらすじとネタバレ

 

天井裏の中年男の過去

 

高レベル放射性廃棄物最終処理場『ゆりかご』

 

日本の地形には不向きといわれた施設だったが、何者かの力が働いてかアッサリと完成したが・・・

 

その施設には「作業員が消える」とか「妙な生き物がいる」等の噂があった。

 

男はルポライターとして生計を立てる夢があり、それらの噂を蝶さするために作業員に応募した。

 

この施設は使用済みの核燃料を埋めるために地中深く穴を掘るという事だったので恒常的に求人があり、男はその施設に潜り込むことに成功・・・

 

ようこそ「ゆりかご」へ

 

歓迎会では、寿司やカニなどの豪華な食事が出され、それに感激する新入社員たち。

 

「なんだこの妙な歓迎ぶりは?」と男はその不自然さに引っかかった。

 

「我々は会社も従業員も家族であると考えております」

 

その言葉に涙を流す者もいた・・・

 

しかし、男はその芝居じみたやり取りの意味を徐々に気づくのであった。

 

「あのねとりあえずコレを解体してもらうから」

 

そこには肥大した死体が横たわっていた・・・

 

「こっ・・これ人間の死体じゃありませんか?」

 

「そうですが?何か?」

 

「問題ありませんよ」

 

しばらく経って、男はよく働くと評価され、一段階上の仕事を任命された。

 

「ゆりかご」で上級の仕事?

 

人間肥育場で巨大な幼虫たちにエサを与えた後の清掃係であった!

 

気がついたら本を書くとかどうでもよくなって男は走り出していた。

 

迷路のような廊下を走ったあげく絶対捕まらない場所、天井裏へと・・・

 

3月17日配信開始!リンク先で【食糧人類】と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【食糧人類2】を無料試し読み!

★今すぐ使える50%OFFクーポンゲット(BookLive)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【食糧人類2】を無料試し読み!PCもOK

 

【食糧人類2巻8-9話】のネタバレ結末は?

 

「それ以来ココで?」山引が質問するが・・・

 

「ひひひひ一人じゃない!」

 

裕子さんも・・・

 

玉座の間とは?

 

次に「ここに住み始めてどのくらいになるの?」と聞かれると、

 

長すぎてわからなくなったという事だった。

 

また、長く暮らすうちに「裕子」という別人格が芽生えてしまったらしい。

 

ナツメは「裕子」にあのカマキリの化け物を何だと思うかと聞いた。

 

「なんであんなモノを飼ってるんだと思う?」

 

すると、裕子は「ブブッ」と笑って・・・

 

「逆だ逆」

 

男が天井裏で暮らすようになって驚いたのは、この施設の広大すぎる敷地と信じられない光景の数々・・・

 

中でも一番驚いたのは驚いたの、「玉座の間」があったこと。

 

「玉座の間?」

 

天井裏から男が見たものは、核施設と鼻ばかりの金ぴかの部屋。

 

 重い扉を開けSPに囲まれて歩いている男の一団とは?

 

内閣総理大臣・宇田川静雄、官房長官・関正美、財務大臣・大友成康等の政府の要人たちだった!

 

人間があの巨大生物を飼っているのではなく・・・

 

我々人間があの巨大生物に飼われているのだと!!

 

「嘘なんかじゃないわ!ハッキリ見たの!」

 

と別人格の裕子が答えた。

 

巨大生物の前にひざまずく政府の要人たち・・・

 

首相の宇田川がひざまずいて申し上げた。

 

「皆様に快適に過ごして頂くためにこのような施設を建設し食糧も全力で取り計らって参りました」

 

「そこでお願いがございます」

 

「地球温暖化問題の一刻も早い解決をお願いできればと思う所以でございます!」

 

首相の目の前にはあの巨大カマキリとふ化を待っている無数の卵・・・

 

ある男の中枢神経に回虫のような生物を挿入することによって首相と巨大カマキリはコミュニケーションを取ることができる。

 

「きょうわ、ごそくろうかけて」

 

「すまんね」

 

「そのコトについて」

 

「であるがっ」

 

「確かにキミらには世話になったよね」

 

 「しかし」

 

「それももう要らないだ」

 

「キミたちのおかげで我々の個体数も増えたしい」

 

「当施設も我々であたることにしました」

 

「今までありが」

 

「とうっ」

 

その答えに首相は一瞬うろたえたが・・・

 

政府の要人たちは逃げる間もなく、巨大生物たちに一人残らず生きたまま喰い散らかされてしまった!

 

ナツネの怒り

 

その話を聞いたナツネは怒りに震えて・・・

 

「その玉座の間はどこだ?」

 

「奴らを残らずブチ殺す」

 

そして、髭の中年男の胸元をつかみあげた!

 

男はゴホッゴホッとせき込みながらこう言った・・・

 

「ななな何が奴らを殺すだ」

 

「バーカ バーカ!!」

 

「皮をブリブリ剝がれて・・」

 

「ひっひっ一口でパクリだ!!」 

 

しかし、ナツネはナイフと取り出して、

 

「道案内したくなるまでお前を切り刻むことにした」と中年男を脅す。

 

伊江たちもそれを止めることはできない。

 

中年男はナツネを説得しようと努力した・・・

 

「例え一体や二体を倒せてもす・・すべてを倒すなんて無理だ」

 

「こ・・ここへ入ったら絶対に外には出られないんだ」

 

「唯一生き残る方法は、この天井裏で暮らすしかないんだ」

 

「ここの暮らしも慣れれば悪くない」

 

「食い物もいくらでもチョロまかせられるし・・・」

 

ナツネは「そんなことは聞いていない」と言って、男の肩をつかんで股間に強烈な蹴りを入れる!

 

そこに、今までおとなしかったカズが入って「ケンカッダメーッ」と止めに入ったが、

 

天井が抜けてカズは落っこちてしまう・・・

 

ナツネは下に降りカズを救い上げた。

 

しかし、ナツネがロープを伝って天井裏に上がろうした時、突如あの化け物が現れた!

 

ナツネは逃げるどころかナイフを片手に持って、

 

「さぁ 来い」と化け物にズカズカと立ち向かって行った・・・

 

【食糧人類2巻8-9話】の感想

 

あの髭の中年男も元々は高レベル放射性廃棄物最終処理場『ゆりかご』の噂の真相を暴くために潜入したルポライターだったということが明らかになりました。

 

そして、政府の要人たちが、施設にある玉座の間であのカマキリの化け物たちにひざまずいていて温暖化対策ににいてのお願いをしていた・・・!?

 

ということは、あのカマキリの化け物たちは高度な知的生命体ということになりますよね?

 

1巻の流れからこんな凄まじいストーリー展開になるとは思ってもいませんでした!

 

また、ナツネの驚愕の正体も徐々に明かされていきます・・・

 

3月17日配信開始!リンク先で【食糧人類】と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【食糧人類2】を無料試し読み!

★今すぐ使える50%OFFクーポンゲット(BookLive)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【食糧人類2】を無料試し読み!PCもOK

 

【食糧人類2巻】ネタバレ!

【食糧人類2巻6-7話】ネタバレと結末は?発売日に無料漫画試し読み

2017.03.15

【食糧人類2巻10-11話】ネタバレ結末!ナツネは完全増殖種?無料漫画試し読み

2017.03.17

【食糧人類1巻】ネタバレ!

【食糧人類】wiki風ネタバレとあらすじ!人間飼育室とは?無料漫画試し読み

2016.11.02

【食糧人類1巻】ネタバレ3話「生殖種」がヤバ過ぎ!無料漫画試し読み

2016.11.03

【食糧人類1巻後半】4話ネタバレ!ナツネの使命とは?無料漫画試し読み

2016.11.03
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
[ComicFesta]【AC】実は今入ってます…。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレが…っ_7.8話[ウェイブ].ver2.3.2