【闇っ子-安武わたる】甘い話苦い水のネタバレと結末!無料漫画試し読み

闇っ子~戸籍のない子供たち~

こんにちは!

今回は、安武わたる先生の「ストーリーな女たち」シリーズ新作『闇っ子~戸籍のない子供たち~』2話:甘い話苦い水をネタバレします!

この作品には中国一人っ子政策の下で戸籍を持つことができない黒孩子(ヘイハイズ)と呼ばれる子供たちの実情をリアルに描いた「闇っ子」や読者投稿に基づく「甘い話苦い水」など全4話を収録・・・・

  • 闇っ子~戸籍のない子供たち~
  • 甘い話苦い水
  • それ 欲しい
  • いらない子

 

先ずは無料の試し読みをおすすめ!
リンク先で【闇っこ(やみっこ)】と検索!

*【闇っこ~戸籍のない子供たち~】まんが王国で先行配信中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【闇っ子】を無料試し読み!

 

【闇っ子~甘い話苦い水~】のあらすじ

 

これは東京都に在住の投稿者・相沢幹子(あいざわみきこ)さん(42歳)の息子が大学生だった頃の昭和の時代の実話・・・

 

当時、幹子の夫はギャンブルに溺れ、彼女がせっかく汗水たらして貯めたお金を漁って使い果たしてしまうどうしょうもない男だった。

 

その反面、息子の公太はマジメで頭もよく、一流大学に現役合格して奨学金ももらい、唯一の自慢だった。

 

幹子は朝から日理は弁当屋、その後はスーパー、夜は夜でビルの清掃員・・・と働きづめの毎日だったが、親子3人の暮らしは一向に楽にはならなかった・・・

 

公太はあんな父親とはいい加減離婚すればいいとすすめたが、幹子は意地でも離婚しないと言い張っていた。

 

それにはある理由があった・・・

 

高校を卒業して就職した会社で知り合った相沢と二十歳で結婚、幹子は早くに父親を亡くして、母子家庭で育っており、父親がいる家庭を羨ましく思い、一日も早く両親のそろった家庭を欲しがっていたからだ。

 

そんな想いとは裏腹に夫はギャンブルにハマり、女と遊んで借金をつくった・・・

 

そんな男だと特に身に染みたのは息子の公太が生まれてからだった。

 

幹子も40歳を過ぎるころから体力の衰えを感じ始めていた・・・

 

ある夜、家庭教師から帰ってきた公太は幹子に早めの誕生プレゼントとしてブラウスを手渡した。

 

幹子は「せっかく稼いできたお金をこんなことに使って」と喜んだのも束の間・・・

 

夫が3人の借金取りの男たちに取り押さえられて家に帰ってきたのだ!!

 

「奥さーん、旦那さんウチに百万の借金がありましてねェ」

 

リンク先で【闇っこ(やみっこ)】と検索!

*【闇っこ~戸籍のない子供たち~】まんが王国で先行配信中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【闇っ子】を無料試し読み!

 

【闇っ子~甘い話苦い水~】のネタバレ結末は?

 

公太の授業料

 

夫が実際に借りたのは30万だったが、高利貸しで元本は1カ月で3倍以上に膨れ上がっていた・・・

 

借金取りの1人は幹子を見て、

 

「こんなババアじゃソープにも売れねェや」

 

夫は、「幹子ォ通帳~ッ、公太の授業料ためてんだろう!?」と叫ぶ!

 

ホントに最低な父親・・・

 

すると公太は男たちに預金通帳と印鑑をスッと差し出した。

 

「これで払いますから」

 

授業料を借金取りに支払った公太は学校を休学して働くしかなかった・・・

 

一晩3万円のバイトとは?

 

数日後、公太は幹子にいいバイト見つけたよと報告した。

 

小中の同級生だった医学生の泉田の紹介だという・・・

 

泉田は苦学生の相沢の手助けなりたいと言って、「死体洗い」のバイトを紹介しに来たのだった。

 

解剖実習で使っている遺体のメンテナンスがあって、これが割が良い仕事で一晩3万円にもなると教えてくれたのだ・・・

 

スーパーの時給600円からするとものすごく割が良く、幹子はずいぶん親切な人だと感心した。

 

しかし、公太がバイトから帰ってくると物凄い異臭が・・・

 

そう、今日は例の「死体洗いのバイト」の日!

 

幹子は「早くお風呂に入って」とすすめたが、公太はすでに1時間も風呂に入っていた・・・

 

しかし、臭いが取れない?

 

手指もボロボロに!

 

たった一晩のバイトで公太はゲッソリとやつれた・・・

 

バイトに使っていた服からも臭いが取れずに使い捨てするしかなく、とんだ出費になった。

 

その臭いの為、家庭教師も断られた。

 

そんなことなら「泉田君に話してバイトを辞めさせて貰ったら?」と幹子は言ったが・・・

 

父さんみたいに無責任な、簡単に約束を破ったりすることはしたくないと公太は言い張った。

 

死体洗いの手伝いをする母親

 

次の公太の死体洗いのバイトの日、幹子は心配になって自分の仕事を休んでまで公太のバイトについてきた・・・

 

医学部別棟の死体のメンテナンス場に入った幹子は、先ず、その鼻をつく強烈な薬品の臭いに圧倒された。

 

希釈したホルマリンの水槽には15体の死体がプカプカと浮かんでいた!

 

今日はそれらを引き上げて袋づめにする作業だ・・・

 

ホルマリンは希釈されていても劇薬なので身体に悪いし、ゴーグルをしても目に染みる・・・

 

死体を引き揚げるとボタボタとホルマリン液が床に滴り落ちた。

 

人間の体は思ったより重い。

 

こんな空気の悪いところで何時間も過したら公太の具合も悪くなるはずだと幹子は納得した。

 

水槽に浮かんでいる死体を見て、幹子は・・・

 

「こうなったらもうタダの物体」

 

「人間、最後にはこうなっちまうんだねぇ」

 

「あんた方、もう浮世の苦労をしなくて済むんだねぇ」

 

と何やら感慨深げになった・・・

 

泉田の恨みと陰謀

 

幹子は途中苦しくなって休憩を取りに外へ出た・・・

 

すると、施設の外には泉田ともう1人の学生が?

 

気になって彼らの話に耳を傾けると、公太の話をしている。

 

「相沢のヤツひとりでクソまじめにやってるよ」

 

「さすが融通のきかないバカだよな」

 

泉田は、自分が塾や家教だと必死になってるのを差しおいて公太が楽々とトップを取っていたことが今でも気に喰わないらしい・・・

 

おまけに女子の人気投票までトップをさらわれた!

 

そこで、この死体洗いの仕事を教授から頼まれた時に公太を痛めつけるチャンスだと思ったという・・・

 

バイト代もホントは5万なので2万もピンハネをしている!

 

ゴーグルやマスクはすべて低品質のものを与えホルマリンの濃度もギリギリまで濃くしていた。

 

「別に死んでも全然かまわねーから」

 

一部始終を聞いていた幹子は怒りに震えて、熊手を振りかざして泉田に襲いかかった・・・

 

「何だよこのババア!」

 

泉田は施設の中に逃げて行ったが、足を滑らせてホルマリンの水槽の中へと「ドポーン」と真っ逆さま!

 

幹子は公太の死体洗いのバイトを手伝いをして、水槽に浮かぶ死体を拝んで以来、何かが吹っ切れたようだった・・・

 

「死体洗い」がもたらした「甘い話苦い水」の結末とは?

 

【闇っ子~甘い話苦い水~】の感想

 

この漫画を読んでまず感じたことは、人生って何が転機になるかわからないという事ですね。

 

ギャンブルと女狂いのどうしようもない父親とそれを見切れない苦労性の母親。

 

自分が幼い時に父親を亡くし、父親のいる家庭に憧れていた経験から意固地になってダメ夫と離婚することを拒んでいましたが・・・

 

息子の公太は近年では稀に見る母親想いで忍耐力がある学力優秀な息子ですが、それを長年妬んでいた金持ちのボンボン息子に陥れられそうになってしまいます。

 

人の妬みって恐ろしいですね・・・

 

しかし、その企てが引き金となって、死体ではなく、「母子関係」を新たなステージへと引き揚げてしまうという展開には目からウロコでした!

 

リンク先で【闇っこ(やみっこ)】と検索!

*まんが王国で先行配信中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

➡【闇っ子】を無料試し読み!

 

安武わたる関連作品

【闇っ子-戸籍のない子供たち】ネタバレ結末とあらすじ感想!無料漫画試し読み(安武わたる)

2017.03.30

【声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋1-2話】ネタバレ結末と無料漫画試し読み

2017.02.10
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

【DMMコミック】同人:片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくてセックス漬けにしてやった SP/PC-SEO

20018879_BookLiveコミック【TL】指先から本気の熱情~チャラ男消防士はまっすぐな目で私を抱いた~※スマホ専用